破城槌? battering-rams?


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c195】

・・・。ガレ・ド・ノール(Gare du Nord:パリ北駅)はたいへん混雑しており,そうして私たちは,一行全員に対したった一枚の手荷物用チケットしか持っていなかった。ボレルの姪の旅行用カバンはすぐに出て来た。私たちの旅行用カバンもかなり早く出てきた。しかし,カレイの空のトランクは11個だけ出てきた。それで私たちは,12個目の空のトランクが出てくるのを待っていたのであるが,その間にボレルは我慢しきれなくなり,私の手から手荷物引き換えチケットをひったくり,彼の姪とその姪の旅行用手さげカバンをつかんで駅を出て行き,カレイのトランクも,私たち個人の手荷物も請求できないままにしてしまった。そこでホワイトヘッドと私は,荷物を1つにくくり合わせ,係員の輪を突破する破城槌(注:城壁破壊用の昔の武器)として使った。駅員たちが非常に驚いたので,この戦術は成功であった。

There was a great crowd at the Gare du Nord, and we had only one luggage ticket for the whole party. Borel’s niece’s luggage turned up at once, our luggage turned up fairly soon, but of Carey’s empty trunks only eleven appeared. While we were waiting for the twelfth, Borel lost patience, snatched the luggage ticket out of my hands, and went off with his niece and her one valise, leaving us unable to claim either Carey’s trunks or our personal baggage. Whitehead and I seized the pieces one at a time, and used them as battering-rams to penetrate through the ring of officials. So surprised were they that the manoeuvre was successful.
出典: The Autobiography of Bertrand Russell, v.1, chap. 6: Principia Mathematica, 1967]
詳細情報: http://russell-j.com/beginner/AB16-010.HTM#r366-c195
hammer_war

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です