(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』16-01(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  第1巻第6章(プリンキピア・マテマティカ) 累積版  総目次

 1900年7月(ラッセル28歳),その年のパリ万国博覧会にあわせて(注:20世紀は,1901年1月1日からなので,19世紀末に開催されたことになる),(第1回)国際哲学会International Congress of Philosophyがパリで開催された。ホワイトヘッド(Alfred North Whitehead, 1861-1947.12.30)と私は会議に出席することを決め,私は会議で論文を発表するようにとの招待を引き受けた。私たちのパリ到着は,著名な数学者であるエミール・ボレル(Emile Borel, 1871-1956)とのいくらか酷い出会いで飾られた。カレイ・トーマス(アリスの親戚で,ブリン・マー女子大学学長)は,彼女が英国を発つとき後に残して来た'12個の空のトランク'を英国から持って来てくれるようにとアリスに頼んでいた。(一方)ボレルは,ホワイトヘッド夫妻に,英国で教職についている自分の姪を一緒に連れて来るようにと頼んでいた。ガレ・ド・ノール(Gare du Nord:パリ北駅はたいへん混雑しており,そうして私たちは,一行全員に対したった一枚の荷物用(旅行カバン用)チケットしか持っていなかった。ボレルの姪の旅行用カバンはすぐに出て来た。私たちの旅行用カバンもかなり早く出てきた。しかし,カレイの空のトランクは11個だけ出てきた。それで私たちは,12個目の空トランクが出てくるのを待っていたのであるが,その間にボレルは我慢しきれなくなり,私の手から荷物用(旅行カバン用)チケットをひったくり,彼の姪とその姪の旅行用手さげカバンをつかんで駅を出て行き,カレイのトランクも,私たち個人の荷物も請求できないままにしてしまった。そこでホワイトヘッドと私は,荷物を1つにくくり合わせ,係員の輪を突破する破城槌(注:城壁破壊用の昔の武器)として使った。駅員たちが非常に驚いたので,この戦術は成功であった。
の画像
拡大する!(enlarge)
 この国際哲学会は,私の知的生涯における1つの転機となった。というのは,そこでジュゼッペ・ペアノGiuseppe Peano, 1858-1932)に会ったからである。すでに私は,彼の名前を知っており,彼の著書を何冊か目を通していたが,彼の'記号法'を,努力してマスターしようとはしていなかった。学会における議論において,彼は常に他の誰よりも精確であり,彼は参加したいかなる議論にも必ず勝利するのを,私は目撃した。(会議の)日が経つにつれ私は,これは彼の数理論理学のせいに違いないと結論を下した。そこで私は,彼から彼の著作を全てもらい,学会が終了するや否や,ファーンハースト(のミルハンガー)にひきこもり,静かに,彼や彼の弟子によって執筆された著作の一語一語にいたるまで研究した。その結果,彼の記号法は,私が長年求めてきた論理分析の道具を与えてくれるものであり,また彼を研究することによって,私が長年やりたいと思ってきた研究のための新しくかつ強力な技術を獲得しようとしているということが,あきらかになった。8月の末までに私は,彼の学派のあらゆる著作に,完全に精通するようになった。9月は,彼の方法を,関係の論理に拡張することに費やした(日高氏は,logic of relations を「陳述の論理」と誤訳されている)。ふり返ってみると,9月いっぱい,全日暖かく,晴天であったように思う。
In July 1900, there was an International Congress of Philosophy in Paris in connection with the Exhibition of that year. Whitehead and I decided to go to this Congress, and I accepted an invitation to read a paper at it. Our arrival in Paris was signalised by a somewhat ferocious encounter with the eminent mathematician Borel. Carey Thomas had asked Alys to bring from England twelve empty trunks which she had left behind. Borel had asked the Whiteheads to bring his niece, who had a teaching post in England. There was a great crowd at the Gare du Nord, and we had only one luggage ticket for the whole party. Borel's niece's luggage turned up at once, our luggage turned up fairly soon, but of Carey's empty trunks only eleven appeared. While we were waiting for the twelfth, Borel lost patience, snatched the luggage ticket out of my hands, and went off with his niece and her one valise, leaving us unable to claim either Carey's trunks or our personal baggage. Whitehead and I seized the pieces one at a time, and used them as battering-rams to penetrate through the ring of officials. So surprised were they that the manoeuvre was successful.
The Congress was a turning point in my intellectual life, because I there met Peano. I already knew him by name and had seen some of his work, but had not taken the trouble to master his notation. In discussions at the Congress I observed that he was always more precise than anyone else, and that he invariably got the better of any argument upon which he embarked. As the days went by, I decided, that this must be owing to his mathematical logic. I therefore got him to give me all his works, and as soon as the Congress was over I retired to Fernhurst to study quietly every word written by him and his disciples. It became clear to me that his notation afforded an instrument of logical analysis such as I had been seeking for years, and that by studying him I was acquiring a new and powerful technique for the work that I had long wanted to do. By the end of August I had become completely familiar with all the work of his school. I spent September in extending his methods to the logic of relations. It seems to me in retrospect that, through that month, every day was warm and sunny.
(掲載日:2005.11.04/更新日:2011.4.18)