最も望ましい人間像 the best sort of person


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c139】

 徳は不愉快なものという事実を立証するために,教育当局は不愉快で有徳な教師を任命する。私は,最も望ましい人間については,これとは異なる考えを持っている。私は,人間は陽気で元気で親切であるべきであり,ノーと言うよりもイエスと言う傾向があるべきであると考えている。即ち,自分自身にノーと言いたがる人たちは,おおむね,他人,特に子供たちに対してもノーという権利があると思う傾向がある。
In order to prove to them that virtue is unpleasant, education authorities try to provide teachers who shall be at once unpleasant and virtuous. For my part I have a different view as to the best sort of person. I think people should be jolly, and cheerful, and kindly, and more inclined to say ‘Yes’ than to say ‘No’; those who say ‘No’ to themselves generally feel that this gives them a right to say ‘No’ to others, especially to children.
 出典: Who may use lipstick? (written in Sept. 14, 1931 and pub. in Mortals and Others, v.1, 1975.)
 詳細情報: http://russell-j.com/KUTIBENI.HTM#r366-c139

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です