教育の目的 a raw material for some scheme


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c123】

こういった考察はさておき,子供や若者は,彼らの幸せを純粋に願う人と,彼らを何らかの計画のための原材料(素材)としか考えない人との違いを,本能的に感じとる。教師に愛情が欠けている場合には,性格も知性も,十分に,またのびのびとは発達しないだろう。そうして,この種の愛情は,本質的に言って,子供を目的として感じることの中にある。
Apart from such considerations, children and young people feel instinctively the difference between those who genuinely wish them well and those who regard them merely as a raw material for some scheme. Neither character nor intelligence will develop as well or as freely where the teacher is deficient in love; and love of this kind consists essentially in feeling the child as an end.
出典:On Education, especially in early childhood, 1926, chap. 2: The Aims of Education
詳細情報: http://russell-j.com/beginner/OE02-090.HTM#r366-c123
VIRTUE
(From: Bertrand Russell: The Good Citizen’s Alphabet, 1953)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です