“高潔な”人々が犯してきた罪 sins which upright men have been guilty


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c119】

高潔な人たちが,自分は正当にも「道徳的な悪」を懲らしめているのだと思いこんで行ってきた’戦争’や’拷問’や’虐待’のことを考えると,私は身震いする。
I shudder when I think of the wars, the tortures, the oppressions, of which upright men have been guilty, under the impression that they were righteously castigating ‘moral evil’.
出典:On Education, especially in early childhood, 1926, chap. 1:     Postulates of modern educational theory.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/OE01-110.HTM#r366-c119

[寸言]
「高潔な人々」というのはもちろん、「客観的に」高潔な人々のことを言うのではなく,自ら勘違いしてそう思っている,あるいは国民にそう思わせようとしている人々のことです。米国で言えば,ブッシュ元大統領,日本で言えば・・・?
CHRISTIA
(From: Bertrand Russell’s The Good Citizen’s Alphabet, 953)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です