所有欲のカムフラージュ a camouflage for possessiveness


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 】r366-c063

他人のことを心配することは、自分自身のことを心配することよりもごくわずかよいだけにすぎない。さらに,他人に対する心配(気遣い)は非常にしばしば所有欲のカムフラージュになっている。(即ち)他人の不安をかき立てることによって他人をもっと完璧に支配する力を得られると期待されるからである。
Fear for others is only a shade better than fear for ourselves. Moreover it is very often a camouflage for possessiveness. It is hoped that by rousing their fears a more complete empire over them can be obtained. (This, of course, is one of the reasons why men have liked timid women, since by protecting them they came to own them.)
From:The Conquest of Happiness, 1930, chap.12:Affection.]
http://russell-j.com/beginner/HA23-050.HTM#r366-c063
BR-WOW

「所有欲のカムフラージュ a camouflage for possessiveness」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です