相互的関心を持っているという意昧での愛情 one of the most important elements of real happiness


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 】r366-c064

二人の人間が相手に対して本物の’相互的(双方向の)関心’を持っているという意昧での愛情,即ち,相手を幸福のための手段として見るだけではなく,むしろ共通の利益(幸福)を持つ’結合体’だと感じる愛情は,真の幸福の最も重要な要素の一つである。
Affection in the sense of a genuine reciprocal interest for two persons in each other, not solely as means to each other’s good, but rather as a combination having a common good, is one of the most important elements of real happiness,

From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.12:Affection.
http://russell-j.com/beginner/HA23-080.HTM#r366-c064

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です