権力者は受動的な国民を好む the authorities like passivity


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c141】

過度の受動的な態度をさけることは,教育上の課題である。それには,子供の遊びにおいては手のこんだ用具を与えるべきではなく,特別な技能に対して決して過度にほめないようにする必要がある。勉強においては,講義によって与えられる知識ばかりに耳を傾けず,自分で能動的に調べて勉強することを勧めなければならない。不幸にして権力者は,自分にとって都合が良いため,(多くの人間が)受動的であることを好む。
To avoid too much passivity is an educational problem. It demands, in play, the absence of elaborate apparatus and no undue respect for exceptional skill; in work, encouragement of active investigation rather than mere listening to knowledge imparted by means of lectures. Unfortunately the authorities like passivity because it is convenient.
出典:Are we too passive? (written in Feb. 3, 1932 and published in Mortals and Others</strong>, v.1, 1975)
詳細情報: http://russell-j.com/PASSIVE.HTM#r366-c141
VIRTUE
(Illustration from: Bertrand Russell: The Good Citizen’s Alphabet, 1953)

「権力者は受動的な国民を好む the authorities like passivity」への1件のフィードバック

  1. I don’t even understand how I ended up here, but I thought this post used to be good. I do not recognize who you are however certainly you’re going to a well-known blogger if you happen to are not already. Cheers!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です