Portal Site for Russellian in Japan

 
我々は受動的過ぎるか?(松下彰良・訳)
(1932年2月3日執筆)
邦訳書目次
Are we too passive?
* 改訳+HTML修正をしました。(2011.1.5)


 テレビや新聞を全然見ない(あるいはみない主義の)人もいますが,大部分の人々は毎日マスコミづけとなっており,それらのメディアから多くの情報を得たり,種々の娯楽を享受したりしています。これには国民の共通理解のスピードアップ(ただし,あくまで可能性)というプラス面もありますが,自分の頭で考える,またそのために主体的に情報を収集するという,一個の独立した市民として一番重要な能力の一つを身につけることがおろそかになる危険性もあります。大学においても最近ようやく,課題発見・課題解決型の教育・学習の重要性が強調されるようになりましたが,ラッセルの70年前のこのエッセイは今でも十分傾聴に値するものだと思います。なお,ラッセルが例にあげている「新聞」は(現代においては)「テレビ」に置き換えた方が理解しやすいと思われます。2001.01.27: 松下)


 現代社会においては専門家の重要性がしだいに増してきているが,その予期しない,また意図しない結果の1つは,生活のほとんどの分野において,平均的な普通の人間が以前能動的(活動的)であったものが受動的になっているということである。昔は,若者のほとんどがフットボール(注:英国ではサッカーのこと)をして遊んだ。フットボールは健康的なスポーツとして,多少怪我をすることはあっても,男らしい不屈の精神を養うことのできるものとして推賞された。今では,フットボール試合は劇場(舞台)のようであり,大衆を喜ばせるためのプロ(の選手)の'見せ物'(ショー)となっている。
 選手がプレーをして楽しむことはもはや期待されない。選手の観点から見れば,フットボール試合はスポーツというよりも'労働'である。彼らはこの労働に対して給料によって報われるか,あるいは,彼らが大学チームに所属している場合にはその「学業」成就をたたえて奨学金が与えられる。競技の喜びは,選手が能動的に味わうものではなく,観客が受動的に享受するものとなっている。
 同様の変化はありとあらゆる方面で生じている。自動車は歩く習慣をなくし,ラジオは会話術をダメにし,缶詰や瓶詰の調理品は料理をほとんど必要ないものとした。(チャールズ・ディケンズの)ピクウィック・ペイパーズでクリスマスの記述を読むと,当時の人々が自分たちのために考案した楽しみの多様さに驚くことだろう。現代人は,他人が娯楽を与えてくれることを期待している。
 人間が受動的になったのは,娯楽面ばかりではなく,自分が専門家でないありとあらゆる技術と知識の形態においてそうである。昔の農民は天候に詳しかったが,現代人は明日の天気について自分の意見をもちたいときには(新聞掲載の)公的な天気予報を読む。現代人は新聞を見なければ,「現在」雨が降っているか晴れているかさえわからないらしいという印象を私は時折持ったことがある。現代人はまちがいなく新聞を通して政治や世界情勢や昔の素朴な美徳にもどる必要性について自分の意見をつくりあげる。現代人が大部分の事柄についてあえて自分の意見を持とうとしないのは,特別な学識や経験を持つ人々の権威の保障のもとに物を言ったほうが安全だ,と確信しているからである。
 分野によってはこの種の権威に対する尊敬も好ましいが,分野によっては有害であり,滑稽でさえある。児童心理学をかじった母親は,もっと本能的な従来の母親が意識さえしなかった問題の解決のために,自分の子供と児童心理学の教科書との間をたえずいったりきたりしなければならない。
 幼児は玩具を落とすと,拾ってもらおうと泣きわめく。玩具を拾ってあげれば,幼児は'権力コンプレックス'を身につけ,それがそのままにされると,幼児は'憎悪コンプレックス’を身につける(と児童心理学の教科書は述べる。)この点に関して,児童心理学の教科は良さそうなことを述べるので,母親は懸命に本のページをめくって該当する箇所を探そうとする。母親が該当ページを探し当てた時には,子供はもう別のことを考え始めている。しかし,幼児はそういった経験を何度も持つと,母親を軽視するようになる。
 過度の受動的な態度をさけることは,教育上の課題である。それには,子供の遊びにおいては手のこんだ用具を与えるべきではなく,特別な技能に対して決して過度にほめないようにする必要がある。勉強においては,講義によって与えられる知識ばかりに耳を傾けず,自分で能動的に調べて勉強することを勧めなければならない不幸にして権力者は,自分にとって都合が良いため,(多くの人間が)受動的であることを好む。
[From: Mortals and Others, v.1, 1975.]

One of the unforeseen and unintended results of the increasing importance of experts in the modern world is that, in a great many departments of life, the ordinary man has become passive where he used to be active. Time was when almost every youth played football ; the game was recommended as healthful exercise and a school of manly fortitude as regards small hurts. Nowadays, football is like the theatre: a spectacle provided by specialists for the delectation of the multitude.
It is no longer expected that the players will get any pleasure from their activities ; from their point of view, it is not play but work. They are rewarded for their work either by a salary or, if they belong to a university team, by a scholarship in honour of their academic attainments. The pleasure of the game is not an active pleasure on the part of the players but a passive pleasure on the part of the spectators.
A similar change has occurred in a vast number of other directions. Motor cars have destroyed the habit of walking, the radio has killed the art of conversation, preparations in tins and bottles have almost obviated the necessity of cooking. Read the account of Christmas in Pickwick, and you will be amazed by the number of amusements people invented for themselves. Modern people expect their amusements to be provided for them by others.
It is not only in regard to amusements that men have grown passive, but also in regard to all those forms of skill and all those departments of knowledge in which they are not themselves experts. The old-fashioned farmer was weather-wise, whereas the modern man, if he wishes to form an opinion as to what the weather is going to be, reads the official weather forecast. I have sometimes had the impression that he cannot even tell whether it is wet or fine at the moment without the help of his newspaper. Certainly it is from his newspaper that he derives his opinions on politics and the state of the world and the need of a return to the rugged virtues of a former age. On most matters he does not trouble to have opinions at all, since he is convinced that they can safely be left to those whose special study or experience entitles them to speak with authority.
In some directions this respect for authority is good, while in others it is harmful and even ludicrous. The mother who has acquired a taste for child psychology is continually having to run from her child to her textbook and back again, to solve problems of which more instinctive mothers were not even aware.
The infant drops his toy and howls to have it picked up. If it is picked up he acquires a power-complex, if it is left lying on the floor he acquires a rage-complex. The book says something very good on this point and the mother turns the pages frantically to find the passage. By the time she has found it the child is thinking of something else. But after a sufficient number of such experiences, he acquires a low opinion of mothers.
To avoid too much passivity is an educational problem. It demands, in play, the absence of elaborate apparatus and no undue respect for exceptional skill; in work, encouragement of active investigation rather than mere listening to knowledge imparted by means of lectures. Unfortunately the authorities like passivity because it is convenient.
★1月の言葉★格言集へ