自己評価について


r366-c050 【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russellの言葉)】

自分を過小評価する人は,成功するといつも驚くが,これに対し,自已を過大評価する人は,失敗するといつも驚く。前者の場合の驚きは愉快であるが,後者の場合は不愉快である。
The man who underestimates himself is perpetually being surprised by success, whereas the man who overestimates himself is just as often surprised by failure. The former kind of surprise is pleasant, the latter unpleasant.
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.10:Is HHappiness still possible?
http://russell-j.com/beginner/HA21-010.HTM#r366-c050
SOCRATES

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です