敵国外国人を殺害する特権 the privilege of killing members of other States


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c237】
 超大国(強国)は,今のところ,その気になればいつでも,他の(弱小の)国々の成員を殺す特権を持っている。この自由(人を殺す特権)は,正義と公正を守るために死ぬ英雄的特権として偽装させられている。愛国者は,国(祖国)のために死ぬとは言うが,国(祖国)のために外国人を殺すとは言わない。
Great States have, at present the privilege of killing members of other States whenever they feel so disposed, though this liberty is disguised as the heroic privilege of dying in defence of what is right and just. Patriots always talk of dying for their country and never of killing for their country.
出典: Has Man a Future?</em>, G. Allen & Unwin, 1962, p.84]
DOKUSH25
(Illustration from* Bertrand Russell’s The Good Citizen’s Alphabet, 1953)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です