菜食主義者の獰猛さ If Bernard Shaw should ever eat a beefsteak,


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c213】

パトリック・キャンベル夫人(Patrick Campbell, 1865-1940:英国の舞台女優)が,バーナード・ショー(注:菜食主義者)によるリハーサル後に,「(菜食主義者でさえこうなんだから)あの人がビフテキを食べたならば,どうなったことでしょう。」と叫んだ。彼女は間違いなく,菜食主義者とつきあった経験がなかったのだ。もしも経験があったならば,ビフテキが彼女の最大の救いだと理解したであろう。このようなことは,世界史において目新しい現象ではない。皆知っているように,(温厚な)アベルは肉食であったが,(アベルを殺害した)カインは食事についてはバーナード・シヨーと同意見だった。

Everybody knows how Mrs Patrick Campbell, after being rehearsed by Bernard Shaw, exclaimed: ‘If he should ever eat a beefsteak, God help us.’ She evidently had little experience of those who live upon a vegetable diet. Otherwise she would have known that a beefsteak would constitute her best hope. This is not a new phenomenon in the world’s history. Abel, as we know, was a meat eater, but Cain agreed with Mr Bernard Shaw on the subject of diet.
出典:On the fierceness of vegetarians, Apr. 13, 1932. In: Mortals and Others, v.1 (1975)
詳細情報:http://russell-j.com/VEGETABL.HTM#r366-c213
Barnard_shaw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です