Portal Site for Russellian in Japan


「菜食主義者の獰猛さ」(松下彰良・訳)
(1932.04.13)
On the fierceness of vegetarians

* 改訳しました。(2011.3.20)
*(松下,2005.04.03)

 本書の読者で、かつて奇人変人のための学校を開校しようと考えたことのある人がいるかどうかは知らないが、もしそのような考えを持っている人がおられたら、そのような考えはただちに捨てるよう、強く勧めたい。(なぜかと言えば)そのような学校の校長は、世界中の奇人変人から攻撃のかっこうの的になり、彼らは、校長が自分たちの独特の妙案を信じないと知れば、皆驚きの声をあげる(だろう)
 (世の中には)メキシコ・インディアンの呪術師が古代エジプトの知恵の宝庫(知恵を相伝された者)だと思っている者、大ピラミッドはピラミッドの完成の年から1932年の今日まで世界の歴史の進路を予言していると確信する者、イギリス人は古代イスラエルの十支族の血をひいている(末裔)と信じている者、自分はジュリアス・シーザーの生まれ変わりだと信ずる者等々、いろいろな人たちがいる。私自身個人的に、このような人たちに悩まされてきた。
 これらの人たちよりももっと面倒な人間は、菜食主義者(ベジタリアン)である。菜食主義者は、蠅一匹(虫一匹)殺さないおだやかで礼儀正しい人間だという通俗的な観念がある。多分菜食主義者は、蠅一匹(虫一匹)殺さないであろう。これに関しては私ははっきり言えないが、彼らが(虫)に示す思いやりを、人間にまでは及ぼさないことは確かである。菜食(肉を食べないこと)を支持する最大の根拠は、たぶん、菜食は菜食を実行する人間に活力と喧嘩早い性質を植え付ける、という点であろう。
 私は最近、ある婦人から一通の手紙を受け取ったが、それには、自分の娘を、「最も素晴らしい学校」 --これは彼女が喜んでそう呼んだものであるが-- である私の学校(訳注:ラッセルが妻ドーラとともに運営した Beacon Hill School のこと)に預けるために何千マイルも旅をしてきた、と書いてあった。私は彼女の学校参観日を決め、彼女の思いにふさわしい熱意をもって彼女を歓迎する用意をした。(しかし)運悪く、彼女は子供たち(生徒)の食事のメニューに目をとめ、それを読み、コメントした。「穀物、けっこうです。バナナ、素晴らしい。でも、これは何ですか? べーコン! 新しい世界を作ろうとするあなたが、無垢な子供たちに同胞(神の創造物)の肉を食べさせるなんて、私に理解できません。」 彼女は自分の目が信じることができず、ただちに、菜食主義支持のための論議の見事な要約を始めた。私はおだやかに、(生徒の)食事の問題については、最良の医学的権威に相談の上、適切な注意が払われており、従って、彼女が何千マイルも旅をしてきたとしても、自分の考えが数分の会話で変ることはありそうもない、といった趣旨のことを述べた。これに対して、彼女は、「ああ、でも本当に失望しました。あなたは、私が泣くのを見たいわけではないでしょうね。」と言った。この種の論法も、肉食が子供の健康に悪いということを決定的に証明するとは私に思えなかった。彼女はついには、無給で私のコックになり、食事の経費も折半したいと申し出た。この時点で、私は逃げ出すより外に手がないと思われたので、別の場所での急な約束を見つけ出した(=それにかこつけて彼女の前から立ち去った)。
 このような経験は、けっして珍しいものではない。パトリック・キャンベル夫人(Patrick Campbell, 1865-1940:英国の舞台女優)が、バーナード・ショーによるリハーサル後に、「(菜食でさえこうなんだから)あの人がビフテキを食べたならば、どうなったことでしょう。」と叫んだ。彼女は間違いなく、菜食主義者とつきあった経験がなかったのだ。もしも経験があったならば、ビフテキが彼女の最大の救いだと理解したであろう。このようなことは、世界史において目新しい現象ではない。皆知っているように、(温厚な)アベルは肉食であったが、(アベルを殺害した)カインは食事についてはバーナード・シヨーと同意見だった。
[From: Mortals and Others, v.1, 1975.]

* 右下画像出典: :
http://www.animationlibrary.com/a-l/

I do not know whether any of my readers have ever contemplated starting a crank school; if they have I strongly urge them to abandon the idea at once. The crank schoolmaster is considered fair game by all the other cranks throughout the world, who all express astonishment when they discover that he does not believe in their particular nostrum.
There are those who think that Mexican Indian medicine men are repositories of ancient Egyptian wisdom; there are those who are convinced that the Great Pyramid foretells the course of the world's history from the date of its construction to the year 1932; there are those who believe that the English are the Ten Lost Tribes; there are those who consider themselves to be reincarnations of Julius Ceasar. From all these I have personally suffered.
More troublesome than any of these is the vegetarian. There is a popular notion that vegetarians are mild and gentle folk who would not hurt a fly. Perhaps they would not hurt a fly. As to this, I cannot speak, but their charity towards flies certainly does not extend to human beings. Perhaps the most powerful argument in favour of a vegetarian diet is the vigour and pugnacity which it gives to those who practise it.
I had a letter recently from a lady who stated that she had travelled many thousand miles in order to place her daughter in my 'most wonderful school', as she was pleased to call it. I appointed a day for her to see the institution and prepared to welcome her with appropriate enthusiasm. Unfortunately her eye was caught by the menu giving the children's diet, which she read and commented upon. 'Cereals. Ah yes, very good. Bananas. Yes, admirable. But what is this? Bacon! Am I to understand that you, who wish to create a new world, encourage the innocent children to consume the flesh of their fellow creatures?' She could hardly believe her eyes and proceeded at once to give me a masterly synopsis of the arguments in favour of vegetarianism. I suggested mildly that the subject of diet was one to which some attention had been given after consultation of the best medical authorities and that my opinion was not likely to be changed by a few minutes of conversation, however many thousands of miles the lady might have travelled. She thereupon said, 'Ah, but this is a great disappointment to me. Surely you would not wish to see me weep?' Even this argument did not seem to prove conclusively that meat is bad for children. Finally she offered to become my cook, at no wages, and to halve my food bills. At this point I discovered a pressing engagement elsewhere since it seemed to me that there was no hope except in flight.
This experience is by no means unique. Everybody knows how Mrs Patrick Campbell, after being rehearsed by Bernard Shaw, exclaimed: 'If he should ever eat a beefsteak, God help us.' She evidently had little experience of those who live upon a vegetable diet. Otherwise she would have known that a beefsteak would constitute her best hope. This is not a new phenomenon in the world's history. Abel, as we know, was a meat eater, but Cain agreed with Mr Bernard Shaw on the subject of diet.
★3月(前月)の言葉★格言集へ