無神論者,宣教師を支援? my daughter’s family


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c210】

娘の家族たちとは長いこと会っていなかった。私が最後に米国に滞在していた時(注:1944年)以来一度も会っていなかったのである。私の娘婿(義理の息子)は,以前は聖職者ではなく(俗人であり),米国国務省に勤務していたが,私が最後に米国に滞在していた以後,’聖公会’の専任の牧師になっており,宣教師として赴任を命じられ,(アフリカの)ウガンダへ家族全員をつれていこうとしていた。娘もまた非常に信仰心が篤くなっており,心の底から彼の’大志’に共感していた。私自身は,当然のことながら,この点に関しては彼ら夫婦のどちらにもほとんど共感していなかった。彼らが英国へやって来る直前に,お金をいくらか送金してあげたいと思い,送金手続きのために英国銀行に出向かねばならなかった時,私の送金手続の依頼は,年老いた信念の堅い無神論者(ラッセル)が福音の伝道者(宣教師)になる者を支援するということで,’徴笑’と’時折起こる笑い声’でもって歓迎された。

I had not seen them (my daughter and her family) for a long time, not
since I was last in the United States. Since that time my son-in-law
had become a full fledged Minister in the Episcopal Church – he had
been a layman and in the State Department – and he was taking his whole
family to Uganda where he had been called as a missionary. My daughter
had also become very religious and was whole-heartedly in sympathy with
his aspirations. I myself, naturally, had little sympathy with either
of them on this score. When I had wished to send a sum of money to
them shortly before they came to England, and had to go to the Bank
of England to arrange the transfer, my request was greeted with smiles
and sometimes laughter at so old and confirmed an atheist wishing to
help someone to become a Minister of the Gospel.
出典: The Autobiography of Bertrand Russell, v.3, chap. 3: Trafalgar Square, 1969]
詳細情報: http://russell-j.com/beginner/AB33-140.HTM#r366-c210
BR-REVRS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です