政府は私を投獄したことを忘れ・・・ military service


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c198】
/
第一次世界大戦が終わったことにより,戦争が続いていたらわが身に降りかかったであろういくつかの’不愉快な事柄’をさけることが可能となった。徴兵年齢が1918年(ラッセルが46歳の時)に引き上げられ,私も,初めて兵役義務を負うことになった。(しかし召集がかかったとしても)当然のこと,私はそれを拒否していたであろう。政府は,(徴兵のための)身体検査(医学検査)のために私に召集をかけたけれども,政府は私を投獄したことを忘れていたので,最大限の努力を払ったが私の居所をつきとめることできなかった.(皮肉+冗談)

The ending of the war enabled me to avoid several unpleasant things which would otherwise have happened to me. The military age was raised in 1918, and for the first time I became liable to military service, which I should of course have had to refuse. They called me up for medical examination, but the Government with its utmost efforts was unable to find out where I was, having forgotten that it had put me in prison.
出典: The Autobiography of Bertrand Russell, v.2 chap. 2: Russia, 1968]
詳細情報: http://russell-j.com/beginner/AB22-010.HTM#r366-c198
DOKUSH35

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です