自分の努力で喜びを得られる経験の大切さ he pleasures of childhood


r366-c017
幼少期の喜びは,主として,子供自身が多少の努力と創意工夫によって,自分の環境から引き出すようなものでなければならない。
The pleasures of childhood should in the main be such as the child extracts from his environment by means of some effort and inventiveness.
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.4:Boredom and excitement
http://russell-j.com/beginner/HA14-060.HTM#r366-c017

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です