「活力」の重要性 Vitality promotes interest in the outside world;


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c125】

人間は,(活力の衰えとともに,しだいに)自分のことに注意を奪われ,見たり聞いたりすることや自分に直接関係のないものに興味を抱くことができなくなる傾向がある。これは,人間にとって非常に不幸なことである。なぜなら,それは,良くて退屈を,悪くすれば憂うつ症を伴うからである。それは,また,ごく例外的な場合を除いては,’有用性’に対する致命的な障害となる(実際に役立つことを習得できなくなる)。’活力’は,外界に対する興味を増進する。また,困難な仕事をする力を増進する。さらに,活力は自分が生きていることを楽しいものにするため,’ねたみ’に対する安全装置になる。’ねたみ’は,人間の不幸の大きな源泉の一つであるので,このことは,活力の非常に重要な長所である。
Human beings are prone to become absorbed in themselves, unable to be interested in what they see and hear or in anything outside their own skins. This is a great misfortune to themselves, since it entails at best boredom and at worst melancholia; it is also a fatal barrier to usefulness, except in very exceptional cases. Vitality promotes interest in the outside world; it also promotes the power of hard work. Moreover, it is a safeguard against envy, because it makes one’s own existence pleasant. As envy is one of the great sources of human misery, this is a very important merit in vitality.
出典: On Education, especially in early childhood, 1926, chap. 2: The Aims of Education
詳細情報: http://russell-j.com/beginner/OE02-110.HTM#r366-c125
YOUTH
(From: Bertrand Russell: The Good Citizen’s Alphabet, 1953)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です