子供を持ちたいという欲求 my desire for children


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c114】

 1894年の夏,医師の診断(注:アリスは子どもを産めない体であること)を聞いた後,アリスと一緒にリッチモンド・グリーンを歩いたあの日以来,私は,子供を持ちたいと思う自分の欲求を極力抑えようと努めてきた。けれどもその欲求は,絶えることなくしだいにより強まっていき,ついにはほとんど耐えがたいまでになった。1921年11月,(ドーラとの間に)初めての子供が生まれると,それまでこらえていた感情が一気に解放されたのを感じ,それに続く10年間は,私の主たる目標は’親たること’であった。
Ever since the day, in the summer of 1894, when I walked with Alys on Richmond Green after hearing the medical verdict, I had tried to suppress my desire for children. It had, however, grown continually stronger, until it had become almost insupportable. When my first child was born, in November 1921, I felt an immense release of pent-up emotion, and during the next ten years my main purposes were parental.
From: The Autobiography of Bertrand Russell, v.2 chap. 4:Second Marriage, 1968]
詳細情報: http://russell-j.com/beginner/AB24-010.HTM#r366-c114

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です