例外的特権に依存する安心・安全は’不正’ Security depending upon exceptional privilege is unjust


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c247】(r366-c232と重複していました!)
 世の中の大多数の人々に比べて,恒常的により快適な境遇のもとに生きる人々は,通常,自分よりも不幸な人々への同情を感じない。彼らは時折あからさまに’無感覚’であり,時折,人間の幸福は魂のみにかかわり物質的福福祉とは無関係であるから(正当な)取り分以上の財貨を自分たちが得たとしても貧乏人に実害を及ぼすことにはならないといった’嫌悪感を抱かせる見解’を採用する。例外的特権に依存する安心・安全は’不正’であり,それゆえ,自分に都合のよい社会的不正のための口実を見いだそうとする人間は,必ず,ゆがんだ道義的感覚を身につけることになる。他方,自由競争の勝者である現代世界の支配者たちは,冷酷無慈悲さをはじめ,競争での成功を実現する様々な行為や資質の価値を過大評価する。

Men whose circumstances have always been more comfortable than those of the majority are, as a rule, incapable of sympathy with those who are less fortunate. Sometimes they are frankly callous, sometimes they adopt the more nauseous view that happiness depends upon the soul and is independent of material well-being, so that they are doing no real harm to the poor in taking more than their share of this world’s goods.
Security depending upon exceptional privilege is unjust, and the man who has to find excuses for an injustice by which he profits is bound to acquire a distorted moral sense. On the other hand, the powerful men of the present day who are the victors in a free fight overestimate the value of ruthlessness and of the various acts by which success in competition is achieved.
 出典: On economic security (written in June 1, 1932 and pub. in Mortals and Others, v.1, 1975.]
 詳細情報: http://russell-j.com/ESECRITY.HTM#r366-c247
GREEDY
(Illustration from: Bertrand Russell’s The Good Citizen’s Alphabet, 1953))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です