首尾一貫した目的は幸福な人生のほぼ必須の条件 The habit of viewing life as a whole


人生を一つの全体としてながめる習憤は,’知恵’と’真の道徳’のいずれにとっても必要不可欠な部分であり,教育において奨励されるべき事柄の1つである。
‘首尾一貫した目的’だけでは,人生を幸福にするのに十分ではない。しかし,それは,幸福な人生のほぼ必須の条件である。
そして,’首尾一貫した目的’は,主に,仕事においてその具現化が行われる。
The habit of viewing life as a whole is an essential part both of wisdom and of true morality, and is one of the things which ought to be encouraged in education. Consistent purpose is not enough to make life happy, but it is an almost indispensable condition of a happy life. And consistent purpose embodies itself mainly in work.
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.14:Work
http://russell-j.com/beginner/HA25-060.HTM#r366-c074
TP-GCA2
(Cover image of Bertrand Russell’s The Good Citizen’s Alphabet, 1953)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です