展望なき破壊行為 only destruction, without regard to any construction


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 】 r366-c072

(だが)人間は少なからずその後に続くべき建設を何ら顧慮しないで破壊を目的とする活動に従事することがある。しばしば人は自分は新たに建設するために古いものを一掃しているだけだと信じこもうとすることによって,このこと(破壊だけが目的であること)を自分に隠そうとする。
But not infrequently a man will engage in activities of which the purpose is destructive without regard to any construction that may come after. Frequently he will conceal this from himself by the belief that he is only sweeping away in order to build afresh, …
From:The Conquest of Happiness, 1930, chap.14:Work
http://russell-j.com/beginner/HA25-040.HTM# r366-c072
RUINS
(From Bertrand Russell: The Satan in the Suburbs, and Other stories, 1953)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です