酔うために飲む Me no drinkee for drinkee, me drinkee for drunkee


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 】r366-c060-2

人は,(いやなことを)忘れるために酒を飲む。生活の中に’恐ろしいもの’がなければ,彼らは,’しらふ(素面)’でいるよりも’酔っぱらっているほうがより快い’とは思わないだろう。伝説上の中国人が言ったように,「私は,飲むために飲むのではない。酔うために飲むのである。」
men drink in order to forget. If they had no spectres in their lives, they would not find drunkenness more agreeable than sobriety. As the legendary Chinaman said: ‘Me no drinkee for drinkee, me drinkee for drunkee.’
* spectre = specter : a spirit without a body; ghost
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.11:Zest
http://russell-j.com/beginner/HA22-060.HTM#r366-c060-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です