内向性という病気 the malady of the introvert


r366-c055-3【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 】

私たちはみな,’内向性’という病気にかかりやすい。内向的な人間は,世界の多彩なスペクタクルが目前に繰り広げられていても,顔をそむけ,心の中の空虚のみを凝視する。しかし,内向的な人間の不幸に何か偉大なものがあるなどと,想像しないことにしよう。
We are all prone to the malady of the introvert, who, with the manifold spectacle of the world spread out before him, turns away and gazes only upon the emptiness within. But let us not imagine that there is anything grand about the introvert’s unhappiness.
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.11:Zest
http://russell-j.com/beginner/HA22-010.HTM#r366-c055-3
XENOPHOB
(From: Bertrand Russell’s The Good Citizen’s Alphabet, 1953)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です