「高潔な人たち」が行う悪 ‘upright men’


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c225】

 高潔な人たちが,自分は正当にも「道徳的な悪」を懲らしめているのだと思いこんで行ってきた戦争や拷問や虐待のことを考えると,私は身震いする。
I shudder when I think of the wars, the tortures, the oppressions, of
which upright men have been guilty, under the impression that they
were righteously castigating ‘moral evil’.
出典: On Education, 1926, chap.1: Postulates of Modern Educational Theory.
詳細情報: http://russell-j.com/beginner/OE01-110.HTM#r366-c225
CHRIST-B

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です