退屈の本質的要素 the essentials of boredom


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c223】

退屈の本質的要素の一つは,現在の状況と,想像せずにはいられない他のもっと快適な状況とを対比することにある。また,自分の能力を十分に発揮できない(状態にある)ということも,退屈の本質的要素の一つである。命を奪おうとしている敵から逃げ去るのは,さぞかし不愉快だろうが,退屈でないことは確かだろうと思う。自分が処刑されようとしているときには,ほとんど超人的な勇気がある場合は別として,退屈を感じないだろう。同様に,だれ一人として,上院で処女演説中にあくびをしたものはいない。ただし,今は亡きデヴォンシャー公爵だけは例外であり,その結果,英国貴族たちから尊敬されることになった。退屈’は,本質的には,事件を望む気持ちのくじかれた状態をいい,事件は必ずしも愉快なものでなくてもよく,’倦怠の犠牲者’にとっては,今日と昨日を区別してくれるような事件であればよい。
DOKUSH22
One of the essentials of boredom consists in the contrast between present circumstances and some other more agreeable circumstances which force themselves irresistibly upon the imagination. It is also one of the essentials of boredom that one’s faculties must not be fully occupied. Running away from enemies who are trying to take one’s life is, I imagine, unpleasant, but certainly not boring. A man would not feel bored while he was being executed, unless he had almost superhuman courage. In like manner no one has ever yawned during his maiden speech in the House of Lords, with the exception of the late Duke of Devonshire, who was reverenced by their Lordships in consequence. Boredom is essentially a thwarted desire for events, not necessarily pleasant ones, but just occurrences such as will enable the victim of ennui to know one day from another.
出典:The Conquest of Happiness, 1930, chap.4:Boredom and excitement.
詳細情報: http://russell-j.com/beginner/HA14-010.HTM#r366-c223

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です