ラッセル(作)『著名人の悪夢』 Nightmares of Eminent Persons


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c207】

一年後に私は,『著名人の悪夢』と名づけた,別の一連の短篇小説(集)を執筆した。これらの短篇は,大物(偉い人)が睡眠中につきまとわれる隠れた恐怖を例示しようと意図したものであった。『悪夢』に一緒に収録して出版した少し長目の短篇は「ザハトポルク」と名づけたもので,この短篇は,思想の自由の進行(career)として始まったものが(やがて)過酷な迫害を行う正統主義に固定化していくことに,関わっている。これは,それまでのあらゆる偉大な宗教がたどった運命であった。将来どのようにしたらこうした運命を避けることができるか,私にはわからない。私の秘書がこの小説をタイプしている時,’半神の’王が美しい女性を生贄の朝食としてとるくだりに来ていた。彼女の様子をみようと彼女のいる部屋に入ると,彼女は恐ろしさのあまり何かうわごとをぶつぶつ言っていた。多様な人々が,他の私の作品と同様,この小説を映画や劇の作品に脚色した。しかしこの正餐のくだり(場面)にくると,その部分は制作(演出)したがらなかったし,さもなければ,作品の脚色の仕方が異常であったり,時々攻撃的かつふまじめな場合は,私も作品化に気が進まなかった。私はこのことを残念に思っている。特に『著名人の悪夢』の中のいずれの小説もバレエ作品にならなかったことは残念である。これらの小説の多くで,私は一般の人々の注意を喚起したい多様な問題を提出 -時には回答 - している。

A year later, I wrote another series of stories which I called Nightmares of Eminent Persons. These were intended to illustrate the secret fears that beset the Great while they sleep. A long short story that I published with Nightmares is called “Zahatopolk, and concerns the hardening of what begins as a career of freedom of thought in to a hard persecuting orthodoxy. This has hitherto been the fate of all the great religions; and how it is to be avoided in the future I do not know. When my secretary was typing the story she reached the point where the semi-divine king makes a sacrificial breakfast of a lovely lady. I went in to see how she was getting on and found her gibbering in terror. Various people have dramatised this story both for film and theatre production, as they have others that occur in my writings, but, when it has come to the point, no one has been willing to produce them or I have been unwilling to have them produced because of the particular dramatisation, sometimes offensively frivolous. I regret this and regret especially that none of the Nightmares have been made into ballets. Various of the stories pose, and occasionally answer, various questions that I should like to call to people’s attention.
出典: The Autobiography of Bertrand Russell, v.3 chap. 1: Return to England, 1969]
詳細情報: http://russell-j.com/beginner/AB31-290.HTMr366-c207
TP-NOEP
(Cover image of Russell’s Nightmares of Eminent Persons, 1954)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です