「資本主義制度の長所」は米国高校教育における必須科目? the virtues of the capitalist system


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c205】

 1939年の夏,ジョン(注:長男)とケイト(注:長女)は,学校の休暇期間中に,私たちのことろにやってきた。彼らが到着して2,3日すると,第二次世界大戦が勃発した。そのため,彼らを英国に戻すことが不可能になった。そこですぐさま私は,二人のそれ以後の教育の手配をしなければならなかった。ジョンは17歳だったので,カリフォルニア大学に入学させた。しかしケイトの方はまだ15歳だったので,大学に入れるのは若すぎるように思われた。私は,ロサンゼルスでは,どの学校が一番学力水準の高い学校かということを友人たちに尋ねたところ,彼らが全部一致して推薦してくれたところが一校あった。そこでケイトをその学校に入れた。しかしその学校で教えられている科目でケイトがまだ知っていないものはたった一つしかなく,それは「資本主義制度の長所」というものであった。そのため私は,彼女は年齢が若すぎたが,大学にやらざるえなかった

In the summer of 1939, John and Kate came to visit us for the period of the school holidays. A few days after they arrived the War broke out, and it became impossible to send them back to England. I had to provide for their further education at a moment’s notice. John was
seventeen, and I entered him at the University of California, but Kate was only fifteen, and this seemed young for the University. I made enquiries among friends as to which school in Los Angeles had the highest academic standard, and there was one that they all concurred in recommending, so I sent her there. But I found that there was only one subject taught that she did not already know, and that was the virtues of the capitalist system. I was therefore compelled, in spite of her youth, to send her to the University.
 出典:The Autobiography of Bertrand Russell,v.2,chap.6:America, 1968.
 詳細情報: http://russell-j.com/beginner/AB26-020.HTM#r366-c205

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です