再婚 second marriage


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c203】

(1921年)9月27日,私たちは結婚した。国王代訴人(注:離婚裁判所において不正がある際に法廷に異議を申し立てる者)に離婚手続きを早めさせることに成功したが,そのためには,チャリング・クロス駅のプラットホームで,ドーラは私が公然と姦通した女性であると,全能の神の御名にかけて宣誓する必要があった。11月16日に長男ジョンが生まれ,その瞬間から長年の間,子供たちが私の人生の主要関心事となった。
On September 27th we were married, having succeeded in hurrying up the King’s Proctor, though this required that I should swear by Almighty God on Charing Cross platform that Dora was the woman with whom I had committed the official adultery. On November 16th, my son John was born, and from that moment my children were for many years my main interest in life.
出典: The Autobiography of Bertrand Russell, v.2,chap.3:China,1968]
詳細情報: http://russell-j.com/beginner/AB23-160.HTM#r366-c203
Dora-20y        (写真:20歳の時のドーラ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です