離婚が困難であった1920年代の英国 marriage and divorce


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c200】

 ・・・。全てがこのような状態であったにもかかわらず,私たちは,一年間中国に一緒に滞在するために必要な一切の手続きをとっていた(のに気づいた)。言葉以上の,即ち意識的な思考以上の,何らかのより強い力が,私たちを結びつけていた。そのため,私たちのどちらも,行動において,一瞬たりとも,ためらわなかった。私たちは,文字通り昼夜,動き回らなければならなかった。彼女(注:ドーラ)がロンドンに到着してから二人で中国に向かって出発するまで,たった5日間しかなかった。長旅に出かける時の通常のせわしい活動に加えて,衣服を買ったり,パスポートを入手したり,友人や親戚に別れを告げなければならなかった。そうして私は,中国滞在中に(アリスと)離婚したかったので,幾夜も公娼のところに泊る必要があった(松下注:当時のイギリスでは,いずれかの方に不倫行為がなければ離婚できなかった。)。(しかし)探偵連中がとても間抜けだったために,何度も繰り返さなければならなかった。
.. In spite of all this, we found ourselves taking all the necessary steps required for going off together for a year in China. Some force stronger than words, or even than our conscious thoughts, kept us together, so that in action neither of us wavered for a moment. We had to work literally night and day. From the time of her arrival to the time of our departure for China was only five days. It was necessary
to buy clothes, to get passports in order, to say goodbye to friends and relations, in addition to all the usual bustle of a long journey; and as I wished to be divorced while in China, it was necessary to spend the nights in official adultery. The detectives were so stupid that this had to be done again and again.
 出典: The Autobiography of Bertrand Russell, v.2 chap. 2: Russia, 1968]
 詳細情報: http://russell-j.com/beginner/AB22-230.HTM#r366-c200

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です