実りのある単調さに耐えること fruitful monotony


r366-c017-3 【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russellの言葉)】

子供が最もよく育つのは,若い苗木と同じく,邪魔されないで同じ土壌の中に置かれているときである。多すぎる旅行やあまりにも種々雑多な印象は,幼い子供たちにとってよくないし,大人になった時に,実りある単調さに耐えることをできなくしてしまう。
A child develops best when, like a young plant, he is left undisturbed in the same soil. Too much travel, too much variety of impressions, are not good for the young, and cause them as they grow up to become incapable of enduring fruitful monotony.
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.4:Boredom and excitement
http://russell-j.com/beginner/HA14-060.HTM#r366-c017-3
NIGAO01I

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です