リットン『著名なヴィクトリア朝時代人』 Eminent Victorians


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c194】

因習的な(伝統的な)学校に入れるのにはあまりに繊細すぎるリットン・ストレイチーは,彼の母の眼には聡明と映り,献身的な雰囲気のもと,著作家の生涯を送るように育てられた。彼の著作は,当時の私には,楽しくかつ面白く思われた。私は,彼の『著名なヴィクトリア朝時代人』を,出版前に,彼が声に出して読んでいるのを聞いたが,私は獄中(注:反戦運動のため投獄)で再び黙読した。大変面白く,大声で笑ってしまったので,看守が私の独房にやって来て,’刑務所は罰を受けるところだということを忘れてはならない’と言った。
Lytton, who was too delicate to be sent to a conventional school, was seen by his mother to be brilliant, and was brought up to the career of a writer in an atmosphere of dedication. His writing appeared to me in those days hilariously amusing. I heard him read Eminent Victorians before it was published, and I read it again to myself in prison. It caused me to laugh so loud that the officer came round to my cell, saying I must remember that prison is a place of punishment.
出典: The Autobiography of Bertrand Russell, v.1, chap. 3:Cambridge,
1967]
詳細情報: http://russell-j.com/beginner/AB13-310.HTM#r366-c194
Strachey-L

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です