画一性を要求する衝動 an impulse to demand conformity


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c156】

 人間性の中には,社会的な目的に役立つものがまったくない場合でさえ,画一性を要求する衝動があるように思われます。特に,この衝動は,小中学生の間に顕著です。誰もが帽子ををかぶっている学校において,もし帽子をかぶらずに登校すれば,その生徒はいじめられます。ところが一方,誰もが無帽で登校する学校では,独り帽子をかぶる生徒はいじめられます。学帽の問題で人と変わっていることは無害だと考える生徒はほとんど皆無でしょう。
There appears to be in human nature an impulse to demand conformity even when it serves no social purpose. This is especially notable in schoolboys. In a school where everybody wears a hat, a boy will be kicked if he goes bare-headed; while, in a school where nobody wears a hat, he will be kicked if he does not go bare-headed. Not one boy in a thousand would think that an eccentric in the matter of hats is harmless.
 出典: What is Freedom? (1952)
 詳細情報; http://russell-j.com/cool/0984_what_is_freedom.htm#r366-c156

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です