(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB34-020.HTM(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.3,chap.4 (The Foundation) 目次  Contents (総目次)
第3巻第4章 バートランド・ラッセル平和財団

 長年の間,私は,迫害されている少数派(マイノリティ)や,多くの国々において不当に投獄されていると私が考えていた人々について,関心を持ち続けてきた。たとえば私は,ナガ(注:インドの北東部在住のナガ族のこと?)や前述のソベル(注:Morton Sobell)を助けようと試みた。その後少したってから,私はジプシーの窮状について憂慮するようになった。私は特に,ジプシーに,見苦しくない衛生施設や最小限の適切な教育を得る機会といったような,少なくとも(生活に)不可欠のアメニティ(設備や環境等)が備わった'適切な居住地'を与えようという,グラタン・パクソン(Grattan Puxson)の努力に関心を持った。
 正直に言えば,投獄されている人たちの解放という得点による名誉に,まったく汚点がつけられなかったわけではなかった。何年もずっと前のことだが,ある若いドイツ系ユダヤ難民が助けを求めて私のところにやって来た。(英国)内務省はドイツに帰国するようにと彼に言い渡していたが,もし彼が帰国させられれば,彼は死刑に処されるだろう,ということであった。彼は愚かな青年ではあるがほとんど無害な人間であると思われた。私は彼と一緒に内務省に行き,こう言った。「ご覧なさい。彼は危険人物だと思いますか?」 彼らは,「そうですね。そのようには思えませんね」と応えた。彼らは,彼を本国に送還しないことに同意したが,彼はパスポート(旅券)の再発行を受ける必要があります,と言った。そうして,彼らはすぐに,パスポートの再発行に必要な質問を始めた。
あなたの父親は誰ですか?
わかりません
あなたの母親は誰ですか?
わかりません
あなたはいつどこで生まれましたか?
わかりません
 役人たちはがっかりした。唯一彼が確かだと思っていたのは,自分がユダヤ人であるということだけであった。このころまでには私の顔にはわずかに赤みがさしてきたとはいえ,私の強情な,そして厳然としたすごみのある顔を見て,役人たちは質問を続行し,彼にパスポートを交付した。私が彼について聞いた最後のことは, 英国に滞在するために(は),彼は自活しなければならないとわかった,また,金を得る最も確実な方法は英国女性を妊娠させることであることを学んだ,という趣旨の(彼からの?)メッセージであった。そうして彼は,英国政府の手当を申請し,受け取ることができた。今日では,彼はこのたくらみに失敗してしまったという噂話を聞いて,私はほんの少しだけ安心した。
 また,何年も前のことであるが,あるポーランド青年が,猥褻な詩を書いた罪で投獄されることに抗議して私に救いを求めて来た。私は思った。「詩人が投獄される! 決して,そのようなことはあってはならない!」 そこで再び私は内務省に訴えた。その後私は彼の詩の何篇かを読んだところ,彼の詩はまったくむかむかするものであったので,私の同情心は前の時(注:前述のユダヤ青年の例)と同じことになった(同情心が少なくなってしまった)。しかし彼は英国に滞在することを許された。

v.3,chap.4: Foundation

For many years I had been interested in the persecuted minorities and those people in many countries who, I thought, had been unjustly imprisoned. I tried to help, for instance, the Naga and Sobell about whom I have already told. A little later, I became concerned with the plight of the Gypsies, being especially interested in the efforts of Grattan Puxon to give them a fit abiding place with at least the necessary amenities, such as decent sanitation and opportuniry to obtain at least a minimum of proper education.
My scutcheon on the score of liberating prisoners, I confess, is not entirely unsmirched. Many years ago a young German Jewish refugee came to me asking for help. The Home Office had decreed that he was to be returned to Germany and, if he were returned, he would be executed. He seemed a silly young man but harmless enough. I went with him to the Home Office and said, 'Look, do you think that he is dangerous ? 'Well,' they said, 'no.' They agreed not to dispatch him to his homeland but said that he must have a fresh passport. They started at once putting him through the questions to be answered for this purpose. 'Who was your father ?' 'I do not know.' 'Who was your mother ?' 'I do not know.' 'Where and when were you born ?' 'I do not know.' The Officials quailed. The only thing he was sure of was that he was a Jew. Seeing my stubborn and grim, if by this time slightly pink, visage, the officials persisted and gave him his passport. The last thing I heard of him was a message to the effect that to remain in England he knew that he had to pay his way and he had learnt that the surest means of obtaining money was to get an English girl pregnant. He could then apply for and receive a governmental hand-out. I was only slightly reassured by the comment that, up to date, he had failed in this scheme.
Many years ago, too, a young Pole appealed to me for help against imprisonment on the charge of writing obscene verse. I thought, 'A poet gaoled! Never! This cannot be!' And again I appealed to the Home Office. I then read some of his verse and found it so thoroughly disgusting that my sympathies were with the earlier verdict. But he was allowed to stay in England.

(掲載日:2010.4.26/更新日:2012.7.18)