(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB34-030.HTM(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.3,chap.4 (The Foundation) 目次  Contents (総目次)

第3巻第4章 バートランド・ラッセル平和財団

 この2つの事例は,思い出すといささかきまりが悪いが,私はまったく後悔していない(←後悔することはありえない)。公衆(一般大衆)に害を及ぼしそうもないような'愚かな行為'を行った人を投獄するということは,私にはナンセンスと思われる。もし論理的帰結までそれを推し進めれば,'自由な人間'(投獄されない人間)はほとんど存在しなくなる。さらに,法律や投獄という脅迫の手段で猥褻(行為)を取り扱うことは,善よりもより多くの害をもたらす。そのような扱いは,単にただ愚かなことにすぎないかあるいは道徳的に悪いかもしれないこと(確実ではなくあくまでも可能性があること)に対して,愉快かつ誘惑的な邪悪さという雰囲気(邪悪であることは愉快かつ誘惑的であるという雰囲気?)を付け加えるだけにすぎない。(また)そのような扱いは,無益である。私は政治犯の問題においてそのことをより痛感するが,それも同様の理由によってである。一人の人間を単にその政治上の見解を理由に投獄することは,どれだけそうしたい誘惑にかられたとしても,そのような政治上の見解の普及を抑止するどころか反って拡めることになるだろう。そんなことをすれば人間の惨めさの総量を増し,暴力に拍車をかける,それだけのことである。私は前にも述べたように,個人やグループをその政治上の見解や宗教的意見などの理由で投獄したり処刑したりすることに反対する仕事にしだいに深入りしてきた。私に支援を求める文書が全世界の個人や団体から絶え間なく送られてくるようになり,その数もしだいに増え,さらにはほとんど毎日,そうした団体の代表者の訪問を受けるようになった。(諸事情で)私自身遠方の国々に旅行することがずっとできないできた。そこで,私は,できるだけ直接的かつ客観的な情報を入手するために,多数の国々に自分の代理を派遣せざるをえなくなっていた。
 

v.3,chap.4: Foundation

Though both these cases are somewhat embarrassing to remember, I cannot regret them. It seems to me nonsense to imprison people for silliness that is unlikely to harm the general public. If it were carried to its logical conclusion, there are few men who would be free. Moreover, to deal with obscenity by means of the law and the threat of imprisonment does more harm than good. It merely adds an aura of delightful and enticing wickedness to what may be only foolish or may be evil. It does nothing to curtail it. I feel even more strongly in the matter of political prisoners and for similar reasons. To gaol a man merely for his political views, however tempting it may be, is more likely to spread than to stop the dissemination of those views. It adds to the sum of human misery and encourages violence, and that is all. In recent years I have become, as I have said, more and more involved in work against the incarceration and the persecution of individuals and groups because of their political and religious opinions. I have received a continually increasing number of written appeals for help from individuals and organisations all over the world and almost daily visits from representatives of the latter. I have been unable to travel to distant countries myself, so, in order to have as nearly as possible first-hand objective information, I have been obliged to send representatives to the various countries.

(掲載日:2010.5.3/更新日:2012.7.19)