(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』21-330(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.2,chap.1 (The First War) 目次  Contents (総目次)
* 右下イラスト出典:B. Russell's The Good Citizen's Alphabet, 1953.
* 美作太郎「バートランド・ラッセル−『社会改造の原理』を読んだ頃」
* 清水正義「第一次世界大戦におけるイギリスの戦争目的について」
* 大木英夫(著)『ピューリタン』(松岡正剛の千夜千冊n.n.620)

(第一章 第一次世界大戦)(承前)

 1914年から1918年(注:ラッセルが42歳から46歳)までの第一次世界大戦は,私のあらゆるものを変えてしまった。私は学究的であること(大学人であること)をやめ,新しい性格の本の執筆を始めた(注:1916年に,Justice in War Time と The Principles of Social Reconstruction を出版。それ以前は,哲学の入門書 The Problems of Philosophy, 1912 以外,一般の人が興味を持ちそうな popular books は書いてこなかった。)人間性についての私の考え(理解)も一変した。ピューリタニズム(清教徒主義)は人間の幸福のためになるものではない,と初めて心から確信するようになった。(注:ラッセルが学んだトリニティ・コレッジはピューリタニズム発祥の地)(大戦による)目を見張るような死の光景を通して,生きとし生けるもの全てに対する新しい愛を手に入れた。また,大部分の人間は破壊的な怒りに'はけ口'を見出すような底深い不幸にとりつかれており,本能的な喜びを(多くの人に)広めることによってのみ良い世界をもたらすことができる,と深く確信するようになった。現代世界の改革者も反動主義者も同様に,種々の残酷な行為によって,歪んだ考えを持つようになっている,と思った。厳しい規律を要求するようなあらゆる目的や意図に対し疑いを持つようになった。私は共同社会のあらゆる目的に反対し,日常の(ありふれた)美徳が(敵国)ドイツ人殺戮の手段として利用されているのを発見し(たため),完全な無律法主義者(立法廃棄論者)にならないことは非常に困難である,と経験して思った。しかし,私は,世界の不幸に対して感じた深い同情(憐憫の情)によって,この危機から救われた。
 私は古い友人を失い,新しい友人を得た。自分が心から賞賛できる幾人かの少数の人々を知るようになったが,その中でまず第一にあげなければならないのは,E.D.モレル(注:Edmund Dene Morel, 1873-1924。右写真/オットリン・モレルの夫である Philip Morrell とは別人)である。私は,大戦の初めの頃に彼と知り合い,二人とも投獄されるまでしばしば会っていた。彼は(ジャーナリストとして)事実をありのままに提供(紹介)することに'ひたむきに'献身していた。彼はコンゴにおけるベルギー人の非道行為を暴露することから始めたので,「勇ましい小国ベルギー」(注:ドイツは,北フランスへ侵入するためにベルギーに対し「無条件通過権」を要求したがベルギーは拒絶し,ドイツと戦って敗北したことから,このように言われたのではないかと思われる。)の神話をうけいれ難いものと思った。モロッコに関するフランス及びエドワード・グレー卿の外交術(かけひき)を詳細に調査した結果,彼は,ドイツ人だけを唯一の'悪者'とみなすことができなかった。宣伝や検閲といったようなあらゆる障害に直面したにもかかわらず,彼は,疲れを知らない精力とすばらしい能力をもって,政府が若者たちを屠殺場(注:最近では差別用語・NHK放送禁止用語になっているらしく辞書にはのっていない。「食肉解体場」というべきだろうが,それでは戦争の残酷さが充分表現できない。)へと駆り立てる真の目的が何かということに関して,英国民を啓発するために自分ができることは全て行った。戦争に反対する他の誰よりも,彼は政治家と新聞の攻撃を受けた。そして彼の名前を聞いた者のうちの99%が,モレルはカイザー(ドイツ皇帝)から金をもらっていると信じた。とうとう彼は,手紙と何通かの文書を,郵便ポストに投函するかわりに,直接ロマン・ロラン(Romain Rolland, 1866-1944)に届けるためにミス・シジウィックを雇ったという,純粋な法律違反の廉(郵便法違反+スパイ容疑?)で刑務所に入れられた。彼は私のように'第一部'(の快適な独房)ではなかった。そのため健康を害し,ついに回復しなかった。すべてこうしたことにもかかわらず,彼の勇気は決してくじかれなかった。彼は,しばしばおじけづくラムゼイ・マクドナルドを慰めるためによく'夜ふかし'をした。しかしマクドナルドは,(後に)内閣を組閣する機会がやってきた時,モレルのように親独(ドイツびいき)という汚名で傷ついた者を入閣させることを考えることはできなかった。モレルはマクドナルド(首相)の忘恩行為に深く傷ついた。そうしてその後まもなく,獄中生活が原因で罹った心臓病で亡くなった。
The War of 1914-18 changed everything for me. I ceased to be academic and took to writing a new kind of books. I changed my whole conception of human nature. I became for the first time deeply convinced that Puritanism does not make for human happiness. Through the spectacle of death I acquired a new love for what is living. I became convinced that most human beings are possessed by a profound unhappiness venting itself in destructive rages, and that only through the diffusion of instinctive joy can a good world be brought into being. I saw that reformers and reactionaries alike in our present world have become distorted by cruelties. I grew suspicious of all purposes demanding stern discipline. Being in opposition to the whole purpose of the community, and finding all the everyday virtues used as means for the slaughter of Germans, I experienced great difficulty in not becoming a complete Antinomian. But I was saved from this by the profound compassion which I felt for the sorrows of the world.

I lost old friends and made new ones. I came to know some few people whom I could deeply admire, first among whom I should place E. D. Morel. I got to know him in the first days of the War, and saw him frequently until he and I were in prison. He had single-minded devotion to the truthful presentation of facts. Having begun by exposing the iniquities of the Belgians in the Congo, he had difficulty in accepting the myth of 'gallant little Belgium'. Having studied minutely the diplomacy of the French and Sir Edward Grey in regard to Morocco, he could not view the Germans as the sole sinners. With untiring energy and immense ability in the face of all the obstacles of propaganda and censorship, he did what he could to enlighten the British nation as to the true purposes for which the Government was driving the young men to the shambles. More than any other opponent of the War, he was attacked by politicians and the press,. and of those who had heard his name ninety-nine per cent believed him to be in the pay of the Kaiser. At last he was sent to prison for the purely technical offence of having employed Miss Sidgwick, instead of the post, for the purpose of sending a letter and some documents to Romain Rolland. He was not, like me, in the frrst division, and he suffered an injury to his health from which he never recovered. In spite of all this, his courage never failed. He often stayed up late at night to comfort Ramsay MacDonald, who frequently got 'cold feet', but when MacDonald came to form a government, he could not think of including anyone so tainted with pro-Germanism as Morel. Morel felt his ingratitude deeply, and shortly afterwards died of heart disease, acquired from the hardships of prison life.

(掲載日:2006.10.15 更新日:2011.8.2)