(本館Top)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』第2巻第1章 21-02(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.2,chap.1 (The First War) 目次  Contents (総目次)
(第一章 第一次世界大戦)

 (1914年)7月末の暑い数日間,私はケンブリッジにいて,時局に関して,種々雑多な人々と議論していた。私は,ヨーロッパが戦争に突入するほど狂っていると信じることはできなかったが,もしも戦争が勃発すれば,英国は戦争に巻き込まれるだろうと信じていた。私は,英国は中立を保つべきであると強く思い,多くの教授やフェロー(大学の特別研究員)から,マンチェスター・ガーディアン紙に掲載されることになる,中立を支持する(←その趣旨の)声明のための署名を集めた。(しかし)宣戦が布告された日,(署名した)彼らのほとんど全員が心変わりした。今振り返って見ると,戦争の勃発によって何が起こるか,人々がもっとはっきりと理解しなかったことは,驚くべきことであると思われる。
 8月2日の日曜日,本書(自伝)の第1巻で述べたように,ロンドンに上京するために,義弟のモーターバイクを借りようとしてトリニティ・コレッジのグレイト・コート(注:有名な「裏庭」)を大急ぎで横ぎっているケインズに,私は出会った。(著者注:ケインズの義弟というのは,医学で著名なアーチボルド・ヒルArchibald Vivian Hill)のことである。ヒルの部屋は,私の部屋がある階段のとなりの階段脇にあった)。まもなく私は,政府が,財政上のアドバイスをもらうために,ケインズを呼びにやったということを知った。これによって,私は,英国の参戦が差し迫っていることを悟った。
の画像
enlarge(拡大する!)
 (翌日の)月曜の朝(8月3日),私はロンドンに行くことに決めた。私は,モレル夫妻とロンドンのベッドフォード・スクエアで昼食を共にした。そうして,オットリン・モレルが,私の考え方と全く同じであることがわかった。彼女は,下院で平和演説をするという夫フィリップの決意に賛成した。私は,エドワード・グレイ卿Sir Edward Grey, Viscount Grey of Fallodon, 1862-1933/右の写真)の評判の演説を聞きたいと思い,下院まで出かけたが,群衆があまりに多く,院内に入れなかった。けれども,私は,フィリップ・モレルが,演説をうまくやりとげたことがわかった。私は,その日のタ方,ロンドンのいろいろな通りを --特にトラファルガー広場の近辺を-- 歩きまわり,陽気な群衆に注目し,通りすぎる人々の感情に対し自分の感性を敏感にして(感性を研ぎ澄ませて),過ごした。この日とそれに続く何日間,驚いたことに,一般の(平均的な)男女が,戦争が起こりそうことを喜んでいるのを発見した。私は、妄信的に(愚かにも),ほとんどの平和主義者が主張するように,戦争は,専制的かつ権謀術数に長けた政府によって,嫌がる(気の進まない)民衆に押しつけられるものである,と想像していた。エドワード・グレイ卿は,戦争が起こったら,我々英国民にフランスを支援させるべく,ひそかに手を打っており,そのことを一般国民に知られないようにするため,用意周到に嘘をついてきたことを,私は,戦争が起こる何年も前から気がついていた。グレイ卿がいかに国民をだましてきたか,国民が知ったら,さぞかし立腹するだろうと,素朴に想像していた。しかし怒るかわりに,国民は自分たちにも倫理的責任の一端を担わせてくれたグレイ卿に,感謝したのである(注:言うまでもなく,皮肉です。)

During the hot days at the end of July, I was at Cambridge, discussing the situation with all and sundry. I found it impossible to believe that Europe would be so mad as to plunge into war, but I was persuaded that, if there was war, England would be involved. I felt strongly that England ought to remain neutral, and I collected the signatures of a large number of professors and Fellows to a statement which appeared in the Manchester Guardian to that effect. The day War was declared, almost all of them changed their minds. Looking back, it seems extraordinary that one did not realise more clearly what was coming. On Sunday, August 2nd, as mentioned in the eartier volume of this autobiography, I met Keynes hurrying across the Great Court of Trinity to borrow his brother-in-law's motor-bicycle to go up to London.(His brother-in-law was A. V. Hill, eminent in scientific medicine. He had rooms on the next staircase to mine.) I presently discovered that the Government had sent for him to give them financial advice. This made me realise the imminence of our participation in the War. On the Monday morning I decided to go to London. I lunched with the Morrells at Bedford Square, and found Ottoline entirely of my way of thinking. She agreed with Philip's determination to make a pacifist speech in the House. I went down to the House in the hope of hearing Sir Edward Grey's famous statement, but the crowd was too great, and I failed to get in. I learned, however, that Philip had duly made his speech. I spent the evening walking round the streets, especially in the neighbourhood of Trafalgar Square, noticing cheering crowds, and making myself sensitive to the emotions of passers-by. During this and the following days I discovered to my amazement that average men and women were delighted at the prospect of war. I had fondly imagined, what most pacifists contended, that wars were forced upon a reluctant population by despotic and Machiavellian governments. I had noticed during previous years how carefully Sir Edward Grey lied in order to prevent the public from knowing the methods by which he was committing us to the support of France in the event of war. I naively imagined that when the public discovered how he had lied to them, they would be annoyed; instead of which, they were grateful to him for having spared them the moral responsibility.
(掲載日:2006.03.15/更新日:2011.6.12)