(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)21-340

The Autobiography of Bertrand Russell, v.2

前ページ 次ページ  v.2,chap.1 (The First War) 目次  Contents (総目次)
* 右上写真出典:R. Clark's Bertrand Russell and His World, 1981.
* 「スペインの異端審問」

第一章_第一次世界大戦)(承前)


ラッセルの言葉366
 クェーカー教徒のなかには −−考え方が私とかなり大きく違うにもかかわらず−− 私が大いに賞賛した人たちが何人かいた。そうした人たちの典型として,徴兵反対同盟(徴兵反対協会)の会計責任者をしていたグルッブ氏Edward Grubb, 1854-1939)をあげることができるだろう。私が初めて彼を知った時,彼は70歳で,非常に物静かで,世間の注目を浴びることをひどく嫌い,また,まったく動じない性格であった。彼は,明白な感情表現なしに,生じる事態全てに取り組んだ。彼は利己主義的なところはほんのかけらさえもなく,獄中の若い人たちのために行動した。彼と多数の他の人たちが平和主義の出版活動をした廉で(次々と)起訴されつつあった時,私の兄(John Francis Stanley Russell, 1868-1950)は法廷で彼(Grubb)に対する(検察側の)反対尋問を聴いていた。私の兄は−−平和主義者ではなかったが−−,彼(グルッブ氏)の人柄と高潔さに感銘を受けた。兄は友人のマシューズ検察官の隣りに座っていた。マシューズ検察官がグルッブ氏への反対尋問を終えて席に着いた時,兄は彼にこう囁いた。
「本当のところ,マシューズ,'トルケマダ'の役は君には似合わないね!」
* Torquemada,Thomas de...1420〜1498:スペインの宗教裁判所初代長官で,異教徒に対する非道な弾圧で有名。名詞で「迫害者」と言う意味もある。)
 兄のこの言葉はマシューズをひどく立腹させ,彼は再び兄に話しかけようとはしなかった。
 第一次大戦中におきた出来事のなかで最も奇妙なものの一つは,自分に関する限り,陸軍省への出頭であり,数人の陸軍高級将校(Red Tabs: 右欄の書籍の表紙参照/日高氏は,「赤い襟章をつけた将校参謀」と訳されているが・・・。)に,この上なく魅力的な作法で,またこの上なく友好的な態度で親切に説得されことであり,私は,ユーモアのセンスを持つように懇願された。というのは,彼らはユーモアのセンスをもっている人は,一般が受け入れないような意見をはくことはないだろうと彼らは考えていたからである。けれども彼らは私の説得に成功しなかった。そうして,後に私は,(あの時)「毎朝,死傷者数を読みながら抱腹絶倒します」と(ユーモアのセンスを持って)言ってやらなかったことを残念に思った。
の画像
enlarge(拡大する!)
There were some among the Quakers whom I admired very greatly, in spite of a very different outlook. I might take as typical of these the treasurer of the No Conscription Fellowship, Mr Grubb. He was, when I first knew him, a man of seventy, very quiet, very averse from publicity, and very immovable. He took what come without any visible sign of emotion. He acted on behalf of the young men in prison with a complete absence of even the faintest trace of self-seeking. When he and a number of others were being prosecuted for a pacifist publication, my brother was in court listening to his cross-examination. My brother, though not a pacifist, was impressed by the man's character and integrity. He was sitting next to Matthews, the Public Prosecutor, who was a friend of his. When the Public Prosecutor sat down at the end of his cross-examination of Mr Grubb, my brother whispered to him:
'Really, Matthews, the role of Torquemada does not suit you!'
My brother's remark so angered Matthews that he would never speak to him again.
One of the most curious incidents of the War, so far as I was concerned, was a summons to the War Office to be kindly reasoned with Several Red Tabs with the most charming manners and the most friendly attitude, besought me to acquire a sense of humour, for they held that no one with a sense of humour would give utterance to unpopular opinions. They failed, however, and afterwards I regretted that I had not replied that I held my sides with laughter every morning as I read the casualty figures.
(掲載日:2006.10.16 更新日:2011.8.3)