(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』17-07(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.1,chap.7 (Cambridge Again) 目次  Contents (総目次)

 1913年末,私は,彼女(オットリン)に会うためローマに行った。しかし,そこには夫のフィリップがいたので,その訪問はとても不満足なものであった。
 私は,その年の夏に,ガルーダ湖(Garda:北イタリアにあるイタリア最大の湖で,面積は約370平方キロメートル/衛星写真)で会ったあるドイツ人女性と親しくなった。チャールズ・サンガー(Charles Percy Sanger,1871~1930)と私は,1ケ月間,徒歩旅行をして過ごし,インスブルックからアルプスを越え,プント・サン・ヴィギリオPunto San Vigilio)に到着した。そこで私たちは,ミス・シルコックス(Miss Silcox/松下注:Silcox Family のうちの,Nancy ('Nannie') Silcox, 1868-1949 (生涯結婚しなかった)のことか),セイント・フェリックス・スクールSt Felix Schoolの女教師メリアン・スタウェルFlorence Melian Stawell,1869-1936, usually known as Melian Stawell),それから名前は忘れたが Stawell の被保護者(被後見人)の女性からなる友人一行と一緒になった。私たちは,あるテーブルに一人で坐っている若い女性を観察し,彼女は結婚しているか,独身であるか,議論した。私は,彼女は離婚しているだろうと言った。それで,この問題について決着をつけるため,彼女と知り合いに也,そうして,私が正しかったことがわかった。彼女の夫は精神分析家であり,職業柄(職業上のエチケットとして),外見上は,妻と仲が良くないことが要求されたらしい(松下注:他人の心を読める'優秀な'精神分析家が妻とうまくやれるはずがない,という世間の見方に迎合するためか?)。その結果,私が彼女を知った時は,彼女は離婚していた。しかし(夫の)評判が確立する(←満足される)や否や彼らは再婚し,その後はずっと幸福に暮らした(注:一度有名になり,世間の評価が固まれば,もうそのような職業上の気を遣う必要がなくなるということであろう。)彼女は若く,チャーミングであり,2人の小さな子供がいた。その当時の(私を支配していた)主たる情熱は,子供が欲しいということであり,私は,通りで遊んでいる子供たちを,ほとんど堪えられないほどの苦痛なしに,眺めることさえができなかった。私はその(離婚中の)女性と親しくなり,一緒に田舎に遠出の旅行をした。私は彼女と愛し合いたかったが(性的関係を持ちたかったが),まず最初に,オットリンとのことを説明すべきだと,私は考えた。私がオットリンのことを話すまでは,彼女は黙って私に従っていたが,オットリンのことを話した後はそうでなくなった。けれども,彼女は,その日一日だけは,自分(=彼女)の(こんなことをしてはいけないのではないかという)気持ちを無視することができる,と心を決めた。それ以後は一度も彼女と会わなかったが,以後数年間は,時々彼女からのたよりがあった。

At the end of 1913 I went to Rome to see her, but Philip was there, and the visit was very unsatisfactory. I made friends with a German lady whom I had met in the summer on the Lake of Garda. Sanger and I had spent a month walking from Innsbruck over the Alps, and had arrived at Punto San Vigilio, where we joined a party of friends, consisting of Miss Silcox, the mistress of St Felix School, Melian Stawell, and the latter's protegee, whose name I have forgotten. We observed a young woman sitting at a table by herself, and discussed whether she was married or single. I suggested that she was divorced. In order to settle the point, I made her acquaintance, and found that I was right. Her husband was a psychoanalyst, and apparently professional etiquette required that he should not get on with his wife. Consequently, at the time when I knew her, she was divorced. But as soon as honour was satisfied, they remarried, and lived happily ever after. She was young and charming, and had two small children. At that time my dominant passion was desire for children, and I could not see even a child playing in the street without an almost unbearable ache. I made friends with the lady and we made an expedition into the country. I wished to make love to her, but thought that I ought first to explain about Ottoline. Until I spoke about Ottoline, she was acquiescent, but afterwards she ceased to be so. She decided, however, that for that one day her objections could be ignored. I have never seen her since, though I still heard from her at intervals for some years.

 

 

(掲載日:2006.01.29/更新日:)