(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』13-02(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  第1巻 第3章(ケンブリッジ大学時代)累積版  総目次
* 英語嫌いのケンブリッジ留学


 1890年10月の始めにケンブリッジ大学に入学した時からすぐに,すべてが順調にいった。その時(トリニティ・コレッジの)学寮にいた全員が -彼らは後に私の親友になったが- 学期の第一週のうちに,私(の部屋)を訪ねてきた。当時,どうして彼らが皆私を訪ねて来たのかわからなかったが,後になって,奨学金取得試験の試験官をしたホワイトヘッド(Alfred North Whitehead, 1861年~1947年12月30日)が,チャールズ・サンガー(Charles Percy Sanger,1871~1930)と私に注意を払うようにと,彼らに話していた(ためだという)ことがわかった。サンガーは,私同様新入生で,彼も数学をやっており,(学部生対象の)下級奨学生(特待生)であった(松下注:原文の a minor scholar の scholar は,scholarship のこと)。彼も私も共にヒュウェルズ・コートに自分の部屋をもっていた(Whewell's Court というのは,英国の哲学者・数学者の William Whewell, 1794-1866 を記念したものか?/右欄イラスト参照)。われわれのコーチ(Coach 学習指導担当者)のウェッブは,彼の受け持ちのクラスで,手書き原稿(?)を回覧する慣行があったが,私が書き込んだ後,サンガーにその原稿を渡す役割が私にまわって来た(松下注:ここで言うコーチは,学寮生の勉強を見る学習指導者を指していると思われる。参考)。それ以前私は彼に会ったことがなかった。しかし,私は彼の書棚にある本を見て驚き,こう言った。
ドレイパーの『ヨーロッパの知的発展』をもっているんですね。これはとても良い本だと僕は思います。」
彼は言った
「この本を知っていると言う人に会ったのはこれまでに君が初めてだよ」
 この瞬間から,私たちの会話は進み,30分後にはもう私たちは生涯の友になっていた。私たちは,その時までにどの程度まで数学をやったか,ノートを比較しあった。私たちは神学と形而上学については意見が合った。政治に関しては意見が合わなかった。(彼は,後に労働党に所属したが,その当時は保守党を支持していた。) 彼はバーナード・ショー(George Bernard Shaw,1856~1950)について語った。私は,その時まで,バーナード・ショーの名を知らなかった。私たちはよく一緒に数学を勉強した。彼は信じがたいほど速く,私が問題を理解した時には彼はもう半分ほど解いていた。2人とも学部4年は,精神科学(松下注:moral science: 自然科学 natural science に対する言葉であり,道徳哲学,形而上学,精神科学,心理学などを総称したもの)を専攻し,彼は経済学を,私は哲学を研究した。(日高氏は,「二人とも4年精神科学の勉強に打ち込んだ-しかし,彼は経済学をやり,私は哲学をやった」と,不適切な訳をしている。」/ラッセルは学部の3年間は数学を,4年目は哲学を専攻している。)私たちは同時にフェローシップ(注:奨学金が支給される特別研究員)の資格を得た。彼は,この世に生を受けた人間のなかで最も親切な人間の一人であったが,彼の晩年,私の子供たちも私同様彼を愛した。彼のように透徹した知性と暖かい情愛との両方を完全に兼ね備えた人間に,私は会ったことがない。彼は大法官庁の法廷弁護士になり,法曹界において彼は,彼の豊か博識を示している,ジャーマン著『遺言(状)』についての(注釈)版で有名であった(松下注:Thomas Jarman,1800~1860 の『遺言』は,法律家にとって,当時,標準的な著作だったよし。'Jarman On Wills is as standard a work for the lawyer as Gibbon's 'Decline and Fall' is for the classical historian.'/因みに日高氏は,「・・・。そうして法曹界においてはジャルマンについての非常に博学な彼の著『遺言論』で知られていた。」と誤訳されている。)。彼は,ジャーマンが遺言を残さないで死亡したことについてその本の序文に書くことをジャーマンの親族が差し止めたことをよく嘆いていた。彼はまた非常にすぐれた経済学者であり,彼はマジャール語やフィンランド語のような廃れたものを含む,信じられないほどの多数の言語を読むことができた。私はよく彼とイタリアで徒歩旅行をしたが,彼はいつも私に旅館の主人と話をさせた。しかし私がイタリア語を読んでいる時,イタリア語の知識は私よりも彼の方がはるかに上だということがわかった。1930年に彼が死んだことは,私にとって,大きな悲しみであった。

From the moment that I went to Cambridge at the beginning of October 1890 everything went well with me. All the people then in residence who subsequently became my intimate friends called on me during the first week of term. At the time I did not know why they did so, but I discovered afterwards that Whitehead, who had examined for scholarships, had told people to look out for Sanger and me. Sanger was a freshman like myself, also doing mathematics, and also a minor scholar. He and I both had rooms in Whewell's Court. Webb, our coach, had a practice of circulating MSS among his classes, and it fell to my lot to deliver a MS to Sanger after I had done with it. I had not seen him before, but I was struck by the books on his shelves. I said:
'I see you have Draper's Intellectual Development of Europe which I think a very good book.'
He said :
'You are the first person I have ever met who has heard of it!'
From this point the conversation proceeded, and at the end of half an hour we were lifelong friends. We compared notes as to how much mathematics we had done. We agreed upon theology and metaphysics. We disagreed upon politics (he was at the time a Conservative, though in later life he belonged to the Labour Party) He spoke of Shaw, whose name was until then unknown to me. We used to work on mathematics together. He was incredibly quick, and would be half-way through solving a problem before I had understood the question. We both devoted our fourth year to moral science, but he did economics, and I did philosophy. We got our Fellowships at the same moment. He was one of the kindest men that ever lived, and in the last years of his life my children loved him as much as I have done. I have never known anyone else with such a perfect combination of penetrating intellect and warm affection. He became a Chancery barrister, and was known in legal circles for his highly erudite edition of Jarman On Wills. He used to lament that Jaman's relatives had forbidden him to mention in the preface that Jarman died intestate. He was also a very good economist, and he could read an incredible number of languages, including such out-of-the-way items as Magyar and Finnish. I used to go walking tours with him in Italy, and he always made me do all the conversation with inn-keepers, but when I was reading Italian, I found that his knowledge of the language was vastly greater than mine. His death in the year 1930 was a great sorrow to me.