自己分裂している人間は,興奮と気晴らしを追い求める The man divided against himself


r366-c038【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russellの言葉)】

自己分裂している人間は,’興奮’と’気晴らし’を追い求める。彼は,強い情熱を好むが,それには十分な理由があるわけではなく,しばらくの間,その情熱が我を忘れさせ,’骨の折れる思考の必要性’から遠ざけてくれるからである。
The man divided against himself looks for excitement and distraction; he loves strong passions, not for sound reasons, but because for the moment they take him outside himself and prevent the painful necessity of thought.
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.7:the sense of sin
http://russell-j.com/beginner/HA17-100.HTM#r366-c038

「自己分裂している人間は,興奮と気晴らしを追い求める The man divided against himself」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です