(心の)内的調和の重要性 internal harmony


r366-c037-2 【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russellの言葉)】

自分を理性的にすることで生活がつまらなくなる,などと恐れる必要はない。逆に,合理性は主として内的な調和から成り立つものである以上,内的調和を達成した人は,内面の葛藤によって絶えず邪魔されている人よりも,世界の見方においても,外的な目的を達成するためのエネルギーの使い方においても,よりいっそう自由である。
No man need fear that by making himself rational he will make his life dull. On the contrary, since rationality consists in the main of internal harmony, the man who achieves it is freer in his contemplation of the world and in the use of his energies to achieve external purposes than is the man who is perpetually hampered by inward conflicts..
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.7:the sense of sin
http://russell-j.com/beginner/HA17-090.HTM#r366-c037-2

「(心の)内的調和の重要性 internal harmony」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です