他人や他国に対する態度 - 愛(情)と憎しみ love and hatred


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c248】

愛が(対象を)理解する鍵であると説く人もいるが,その理解が科学的理解のことであれば,この言葉は正しいと私は思わない。けれども,憎悪を物事の理解への鍵と見直すのは,さらに非科学的であろう。全ての感情は,理解しようとする対象について好意的であろうと悪意をもっていようと,必ず判断をゆがめる。天文学者が月を神もしくは悪魔と見なしたならば,彼らは月の動きに関する満足のいく理論を作り上げるのにはるかに多くの時間を要したであろう。しかし,人間が関係する場合には,困難が存在する。一般的にいって,我々は他人の行動について,その人を愛したり憎んだりしたりしていない限り,余り興味を持たない。他人に興味を持たなければ,あえて他人に関する知識を求めようとはしない。だが愛したり憎んだりする限り,我々が他人について得る情報は,間違えやすくなる傾向がある。このことは特に,他国に対する知識についても言える。

There are those who say that love is the key to understanding, but if scientific understanding is meant, I do not think they are right. It would, however, be even more unscientific to regard hatred as the key to understanding. Every emotion, whether friendly or unfriendly, distorts judgement. If astronomers had regarded the moon either as a deity or as a devil it would have taken them much longer to construct, an adequate theory of the moon’s motions. Where human beings are concerned there is, however, a difficulty. We do not, as a rule take a very great interest in the doings of other people unless we either love or hate them. If we do not take an interest in them, we do not take the trouble to get information about them; while if we either love or hate them, the information which we shall obtain is likely to be misinformation. This applies in particular to one nation’s knowledge of another nation.
出典: As others see us (written in Mar. 23, 1932 and pub. in Mortals and Others, v.1, 1975.]
詳細情報: http://russell-j.com/AS-O-SEE.HTM#r366-c248
angry_dog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です