他者の視点で見る As others see us


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c162】

他人がどのように感ずるかを知りたいと思えば,我々はその人の立場に立って,その人の物の見方で世界を見るようにしなければならない。だが他人が何をするかを知りたければ,我々はちょうど天文学者が月や木星を観測するように,その人をまったく外側から見る方が賢明だということがわかるだろう。この2つの視点の違いは,国家の行動に関する場合,非常にはっきりする。 たとえば,インド(注:英国統治時代の)におけるイギリス人の行動を例にしてみよう。たいていのイギリス人には,インド在住のイギリス人は,蒙昧主義,不寛容,迷信に真っ向から対抗して,勇ましく,文明の光があたるところを広げようと闘っているようにみえる。(これに対し)イギリス人でないほとんどの人々には,インドにいるイギリス人は,権力をふるい,貢ぎ物を強引にとりたてる残忍な専制君主に映る。インド在住のイギリス人がどのように感じているかを知りたければ,イギリスの視点(立場)に立たなければならない。だが,イギリス人がインドでやっっていることを知りたければイギリス以外の世界の視点に立たなければならない。同様のことが,ハイチや中央アメリカにおけるアメリカ人の行動や,帝国主義者が行っていること一般について言えるだろう。
If you want to understand what a man feels, you must learn to put yourself inside his skin and to see the world from his point of view. But if you want to know what he would do, you will find it wiser to regard him quite externally, as an astronomer regards the moon or the planet Jupiter. The difference between the two points of view comes out most clearly where the acts of nations are concerned. Take, for example, the behaviour of the British in India. To most English people it seems that Anglo-Indians have been struggling heroically to spread the light of civilisation in the face of obscurantism, intolerance and superstition. To almost everybody who is not British, the British appear in India as brutal tyrants, enjoying power and extracting tribute. If you wish to know how an Anglo-Indian feels, you must adopt the British point of view; whereas if you want to know what he does, you must adopt the point of view of the rest of the world. The same thing may be said of the doings of Americans in Haiti and Central America, and of imperialist doings generally.
出典:As others see us, Mar. 23,1932. In: Mortals and Others, v.1 (1975)
詳細情報: http://russell-j.com/AS-O-SEE.HTM#r366-c162
ASININE
(Illustration from: Bertrand Russell’s The Good Citizen’s Alphabet, 1953)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です