(トップへ)  ラッセルの著書に関する書評解題等索引  (本館へ)

バートランド・ラッセルのポータルサイト


  • (00)ラッセルの著作全体]

  • (01)河合秀和訳『ドイツ社会主義』(German Social Democracy, 1896)(『出版ダイジェスト』1990年3月1日号)
  • (07)橋本峰雄[解説]『哲学の諸問題』(The Problems of Philosophy, 1912)(『世界の名著』1963年6月刊)oo,188-193.
  • (10)市井三郎(訳)『社会改造の諸原理』(Principles of Social Reconstruction, 1916)(『世界の大思想v.26:ラッセル』1966年)
  • (14)市井三郎(訳)『数理哲学入門』(Introduction to Mathematical Philosophy, 1919)(『世界の大思想v.26:ラッセル』1966年)
  • (15)河合秀和訳『ロシア共産主義』(The Practice and Theory of Bolshevism, 1920)(『出版ダイジェスト』1990年3月1日号)
  • (17)『中国の問題』(The Problem of China, 1922)
    1)『読売新聞』(1971年1月18日)掲載書評 2)『朝日新聞』(1971年2月8日)掲載書評 3)飯塚浩二『比較文化論』(白日書院,1948年2月刊)序文(第4章「現代日本について」)
  • (0296)「自由思想と公的宣伝」(Free Thought and Official Propaganda, 1922)
    1)土田杏村「ラッセル氏の Free thought and official propagenda について」(『文化』1922年12月号) 
  • (18)『産業文明の前途』(The Prospects of Industrial Civilization, 1923)
  • (24)『哲学概説』(An Outline of Philosophy, 1927)
  • (25)The Analysis of Matter, 1927(本邦未訳)
  • (30)『教育と社会体制』 1)鈴木祥蔵[解説・解題]『教育と社会体制』(Education and the Social Order, 1932)(梅根悟・長尾十三二・共編『教育学の名著12選』(学陽書房、1974年)pp.249-269) 2)望月重信「『教育と社会体制』[解題][長尾十三二・原野広太郎(編)『教育学の世界−学際的教育科学への道 名著100選』(学陽書房、1980年6月刊)pp.182-184.]
  • (38)『西洋哲学史』(A History of Western Philosophy, 1945)
    合評:まえがき v.1(古代) v.3-1(近世) 『西洋哲学史』(全体)
    野田又夫[解説・紹介]『西洋哲学史』(A History of Western Philosophy, 1945)(『朝日ジャーナル』1961年4月9日号及び、野田著『哲学入門』(ミネルヴァ書房、1963年刊)収録
  • (45)『郊外町の悪魔』及び46.『著名人の悪夢』
  • (47)「ヒューマン・ソサエティ−倫理学から政治学へ−」(Human Society in Ethics and Politics, 1954)
  • (50)「歴史を読むことと理解すること」解題 (Human Society in Ethics and Politics, 1954)
  • (51)「宗教は必要か」 / 市井氏による「なぜ私はキリスト教徒でないか」の解題 / 市井氏による「自由人の信仰」の解題 (Why I am not a Christian, and Other Essays on Religion and Related Subjects, 1957)
  • (54)野田又夫[訳者あとがき]『私の哲学の発展』(My Philosophical Development, 1959.) (ラッセル著作集・別巻『私の哲学の発展』(みすず書房,1960年刊)pp.361-364.
  • (55)「西洋の智恵−図説哲学思想史(Wisdom of the West, 1959)
  • (56)「ラッセルは語る」(B. Russels Speaks His Mind, 1960)
  •