「R落穂拾い」等索引-著者名順

 以下の著者名順の索引にリストアップしたのは「R落穂拾い」の初級篇及び中級篇(赤字のものはラッセル関係文献)でとりあげた(ご紹介した)本です。興味深いラッセル関係文献(ただし、哲学や論理学関係の論文等の専門的なものでないもの)がありましたら、松下()まで教えていただければ幸いです。

  
  <索引 書名(五十音順)  出版年順



<あ〜お>
(あ)
あおき・いくじ 青木育志『河合榮治郎の社会思想体系−マルクス主義とファシズムを超えて』(春風社,2011年6月刊)
あおき・しげひさ 青木薫久『保安処分と精神医療』(社会評論社,1975年)
あおみ・じゅんいち 碧海純一「社会秩序とことば」[芳賀綏(編)『社会の中の日本語』(大修館書店,1976年11月刊/日本語講座・第3)
あおみ・じゅんいち 碧海純一「東大を去るに当たって− 一法哲学者の信仰告白:「自然主義的な」人間観」[『東京大学新聞』n.2552:1985年4月2日号)
あきやま・やすなが 秋山安永「(研究ノート)翻訳についての一考察」[『八幡大学論集』(八幡大学法経学会)v.33,n.1/2(1982年9月)pp.63-82]
あだち・のりお 足立恒雄『無限の果てに何があるか−現代数学への招待』(光文社,1992年5月刊)
あだち・のりお 足立恒雄(著)『数とは何か,そしてまた何であったか』(共立出版,2011年6月)
あら・まさと 荒正人『思想の流れ』(毎日新聞社,1963年)
あらがき・ひでお 荒垣秀雄「人口惑星第1号(と地上の生活 [『朝日新聞-天声人語欄1959年1月5日付)]
ありもと・たく 有本卓「脳からみた未来のロボテックス --人間にどこまで近づきうるか」
[近畿化学協会(編)『化学の未来へ-ケミカルパワーが時代をつくる』(化学同人,1999年6月)]
あんざい・てつお 
安西徹雄『英文翻訳術』(ちくま学芸文庫,1995年年5/1982年にバベル・プレス社から出された『翻訳英文法』を改題したもの)

(い)
いいじま・そういち 飯島宗一(著)『学窓雑記I』(名古屋大学出版会,1987年6月刊)
いいだ・もも いいだもも・蔵田計成(編著)『検証内ゲバ PART 2』(社会批評社,2003年)
いいだ・もも いいだ・もも『<主体>の世界遍歴−八千年の人類文明はどこへ行くか』(藤原書店,2005年11月)
いおきべ・まこと 五百旗頭真(他・編)『菅直人−市民運動から政治闘争へ』(朝日新聞出版,2008年6月)
いけざわ・なつき 池澤夏樹『叡智の断片』(集英社,2007年12月)
いしい・きよし 石井清「英語教育42年に学んだこと」【『長野大学紀要』14(1)(1962)
いしかわ・みのる 石川実『嫉妬と羨望の社会学』(世界思想社,2009年4月)
いしだ・たけし 石田雄『平和の政治学』(岩波書店,1968年4月)
いしどう・きよもと 石堂清倫『続・異端の昭和史』(勁草書房,1990年10月)
いずみや・かんじ 泉谷閑示『反教育論−猿の思考から超猿の思考へ』(講談社,2013年2月刊/現代新書n.2195)
いちい・さぶろう 市井三郎「分析哲学--論理実証主義を含む運動の歴史と西欧民主主義」[『岩波講座現代思想VI 民衆と自由』(岩波書店,1957年9月刊)
いとう・まこと 伊藤誠『日本資本主義の岐路』(社会評論社,2010年7月)
いなもりざいだん [『稲盛財団2000−第16回京都賞と助成金』(稲盛財団,2001年5月)]
いのうえ・よしお 井上義夫「政治の季節−−オットリーヌ・モレル、バートランド・ラッセル」[井上義夫『新しき天と地−−評伝D・H・ロレンス II』(小沢書店,1993年10月)第9章(pp.150-165)に所収]
いのうえ・ひさし 井上ひさし(作)『(小説)ドン松五郎の生活』(新潮文庫,1978年5月)
いのうえ・ひさし 『井上ひさし『私家版日本語文法』(新潮社,1981年3月)
いのうえ・ひさし 井上ひさし「だれのための教育か」 [『毎日新聞』1984年1月5日]
いのせ・なおき 猪瀬直樹『マガジン青春譜−川端康成と大宅壮一』(小学館,2002年
いまがわ・けんじ 『今川憲次『もんく・もんく・もんく』(中日新聞社,1979年9月)
いまだ・たかとし 今田高俊『自己組織性と社会』((東京大学出版会,2005年3月)
いむら・つねろう 井村恒郎・他(編)『精神病理学3』く(みすず書房,1973年5月刊)
いりえ・あきら 入江昭『二十世紀の戦争と平和(増補版)』(東大出版会,2004年5月)

(う)
ウィリアムズ,ジョン・T ウィリアムズ「20世紀の経験主義−ラッセル、エイヤー、ウィトゲンシュタイン他」 [ジョン・T.ウィリアムズ(著),E. H. シェパード(挿絵),小田島雄志(他訳)『クマのプーさんの哲学』(河出書房新社,1996年)]
うえの・まさかず 上野雅和「市民的婚姻観の成立と展開--イギリスを中心として--」][『講座家族3 婚姻の成立』(弘文堂,1973年12月)所収]
うえの・まさみち 
上野正道『学校の公共性と民主主義−デューイの美的経験論へ』(東京大学出版会,2010年3月刊)
うざわ・こうぶん 
宇沢弘文「ヴェトナム戦争の影」('斉藤眞'との対談「新保守主義台頭の歴史的背景」の一部)」 [宇沢弘文『現代経済学への反省−対談集』(岩波書店,1987年5月)]
うしろ・よしてる 後義輝「最も狭義の経験とその純粋型」 [後義輝『死刑論の研究』(三一書房,1993年9月)]
うすい・よしみ 臼井吉見「解説」[現代の教養・第16巻『日本のヴィジョン』(筑摩書房,1968年)巻末]
うちだ・ひろし 内田弘「ファシズム批判とソヴィエト体制」 [内田弘『三木清−個性者の構想力』(御茶ノ水書房,2004年8月)]
うちだ・ろあん 
内田魯庵「時代錯誤的日本」 [『内田魯庵全集・補巻1:随筆・評論V』(ゆまに書房,1987年5月)]
うめさお・ただお 梅棹忠夫「文化分析の構想」 [加藤周一,久野収(編)『学問の思想』(筑摩書房,1971年6月刊/戦後日本思想体系v.10)]
うらた・けんじ 浦田賢治(編著),フランシス・A・ボイル,フィリップ・ベリガン,C・G・ウィーラマントリー,ピーター・ワイス(共著),伊藤勧,森川泰弘,城秀孝,山田寿則(共訳)『原発と核抑止の犯罪性−国際法・憲法・刑事法を読み解く』(日本評論社,2012年12月刊)
うんの・ひろし 
海野弘「我慢できない大知識人−バートランド・ラッセル-」 [海野弘『名門大学スキャンダル史−あぶない教授たちの素顔』(平凡社新書,2010年9月)]

(え)
えどがわ・らんぽ 江戸川乱歩(編著)『推理教室』(河出書房新社,1959年
えりがわ・はるお 江利川春雄「デモクラシー思想からラッセル、モームへ」 [江利川春雄『受験英語と日本人−入試問題と参考書からみる英語学習史』(研究社,2011年3月)]

(お)
オーウェル、ジョージ 「オーウェルからリチャード・リースへの手紙(1949年2月4日付)」 [ジョージ・オーウェル(著),鮎沢乗光(他・訳)『ジョージ・オーウェル著作集 VI: 1945-1950』(平凡社,1971年)]
オーウェル、ジョージ 「オーウェルからリチャード・リースへの手紙(1949年3月3日付)」 [ジョージ・オーウェル(著),鮎沢乗光(他・訳)『ジョージ・オーウェル著作集 VI: 1945-1950』(平凡社,1971年)]
おおえ・けんざぶろう 大江健三郎『持続する志』(株式会社文藝春秋,1968年10月)
おおおか・しょうへい 「大岡昇平「大衆文化論における二つの虚像−−変革と余暇」 [『大岡昇平全集・第13巻』(中央公論社,1974年9月)]
おおくま・のぶゆき 大熊信行「国家とは何なのか−核時代における重ねての問いかけ(1967年)」 [大熊信行『日本の虚妄−戦後民主主義批判(増補版)』(論創社,2009年7月)]
おおさと・きょうざぶろう 大里恭三郎「「宣言一つ」論 -- 階級への挽歌--」] [近代日本文学の諸相- 安川定男先生古稀記念』(明治書院,1990年3月)]
おおつか・きんのすけ 大塚金之助『解放思想史の人々-国際ファシズムのもとでの追想,1935-1940』(岩波書店,1949年4月/岩波新書no.1)
おおにし・ひろと 大西泰斗「イメージの見せる世界(Bertrand Russell の英語が教材)」 [大西泰斗『英文法をこわす−感覚による再構築』(日本放送出版協会,2003年1月刊)]
おおはし・てるえ  [善積京子(編)『結婚とパートナー関係−問い直される夫婦』)」(ミネルヴァ書房,2000年5月刊)]
おか・かずお 岡一男『古典の再評価 -文芸科学の樹立へ-』(有精堂,1968年6月刊)
おかだ・あつみ 岡田渥美「新実在論の教育思想」 [森昭(編著)『現代教育思潮』(第一法規,1969年3月)]
おがわ・たまき 小川環樹『談往閑語』(筑摩書房,1987年1月刊)
おざき・しろう 『尾崎士郎(自伝)』(日本図書センター,1994年)
おしょう 「バートランド・ラッセル(著)『西洋哲学史』 [和尚(講話),スワミ・パリトーショ(訳)『私が愛した本』(和尚エンタープライズジャパン株式会社,1992年12月刊]
おだ・まこと 小田実『壁を破る−世界のなかの体験と思想』(中央公論社,1964年7月)
おだか・くにお 尾高邦雄「仕事かレジャーか」 [尾高邦雄『仕事への奉仕』(夢窓庵,1995年4月/尾高邦雄選集・第5巻)]
おとくに・みのる 乙訓稔『西洋現代幼児教育思想史−デューイからコルチャックまで』(東信堂,2009年4月)
おの・おさむ 小野修「二人のラッセル」 [小野修『小野修『政治における (= H. G. Wells') 理性と情念』(世界思想社,1982年1月)]
おのでら・たけし? 「若き日の T.S.エリオット」 [小野寺健『英国文壇史−1890〜1920』(研究社出版,1992年2月)]
おび・としひと 「ラッセル来日及び雑誌『改造』への寄稿について他」[小尾俊人「出版と社会」(幻戯書房,2007年9月. 654pp.)]

<か〜こ>
(か)
カー,クラーク クラーク・カー(著),小原芳明(他・訳)『アメリカ高等教育の大変貌、1960-1980年』(玉川大学出版部,1996年12月)
かいこう・たけし 開高健『開高閉口』(新潮社,1979/新潮文庫か-5-6)]
かいづか・しげき 貝塚茂樹『古代の復活』(講談社,1967年10月)
かいのう・みちたか 戒能通孝『自由と権利の法構造』(日本評論社,1965年4月)
かけがわ・とみこ 掛川トミ子「『ジャパン・クロニクル』とロバート・ヤング」』 [「内村鑑三全集・月報n.32」(岩波書店,1983年5月発行)](
かたやま・としひこ 片山敏彦『自分に言う言葉』(みすず書房,1972年6月)
かとう・しゅういち 加藤周一「外国語の本を読む「解読術」」 [加藤周一『読書術』(岩波書店,1962年)]
かとう・しゅういち 加藤周一「文学概念の比較文化的考察」 [『表現の方法1−世界の文学(上)』(岩波書店,1976年6月)]
かとう・しゅういち 加藤周一「当世文士心得」 [『加藤周一『真面目な冗談』(平凡社,1980年6月)]
かとう・しゅういち 加藤周一「読みやすい文章、内容のない文学−『ノルウェーの森』をめぐって」 [『居酒屋の加藤周一』(かもがわ出版,1991年)]
かとう・しゅういち 加藤周一「反戦の立場−'愛国心'に抗して」加藤周一『歴史としての二十世紀』(平凡社,1997年)
かとう・しゅういち [加藤周一・鶴見俊輔(対談)『二十世紀から』(潮出版社, 2001年9月)]
かとう・なおたけ 加藤尚武『教育の倫理学』」(丸善株式会社,2006年11月)
かとう・のりひろ 加藤典洋「文学における公共性と私性−柳美里裁判を手がかりに」[宮本久雄,金泰昌(編)『文化と芸能から考える公共性』(東京大学出版会,2004年11月]
かとう・ひでとし 加藤秀俊「怠惰の論理」 [『加藤秀俊『余暇の社会学』(PHP研究所,1984年)]
かとう・まさあき 加藤正明(編集代表)『新版 精神医学事典』(弘文堂,1993年2月刊)]
かどわき・しゅんすけ 門脇俊介「哲学の言葉の翻訳」[川本皓嗣,井上健一(編)『翻訳の技法』(東京大学出版会,1997年4月刊)pp.247-260]
かねこ・つとむ 「金子務ラッセル=アインシュタイン宣言」 [『金子務『アインシュタイン・ショック2−日本の文化と思想への衝撃』(河出書房新社,1981)]
かねこ・つとむ [金子務] [
『成語大辞苑−故事ことわざ名言名句』(主婦の友社,1995年)]
かばやま・こういち 樺山紘一「近代兵器の変遷と戦争の性質と変容」 [樺山紘一(他・編)『生きること/死ぬこと』(岩波書店,2001年5月/20世紀の定義第7巻)]
かまた・ひろき 鎌田浩毅「ラッセル幸福論」」 [鎌田(編著)『座右の古典-賢者の言葉に人生が変わる』(東洋経済新報社,2010年11月刊))]
かみき・としお 上木敏郎「(解説)杏村とラッセル」[土田杏村『象徴の哲学』(新泉社,1971年)]
かみき・としお 上木敏郎「杏村の教育論とラッセル」[上木敏郎『土田杏村と自由大学運動--教育者の生涯と業績』(誠文堂新光社,1982年7刊)]
かみやま・しゅんぺい 上山春平「中江兆民の哲学思想」[桑原武夫(編)『中江兆民の研究』(岩波書店,1966年2月)]
 同上(詳細版)
からたに・こうじん 柄谷行人「村上春樹の「風景」−『1973年のピンボール』」 [『村上春樹スタディーズ01』(若草書房,1999年6月)]
かわしま・ひろゆき (アンケート・東大教師が新入生にすすめる本)川島博之「ラッセル『西洋哲学史』」[『UP』(東京大学出版会,2009年4月)]

(き)
キーン、ドナルド ドナルド・キーン『日本の作家』(中央公論社,1972年2月)
キーン、ドナルド ドナルド・キーン「講義のたびにラッセルとビール(ケンブリッジにて)」[初出・読売新聞/『私と20世紀のクロニクル』(中央公論社,2007年7月刊)に再録
きくち・かん 菊池寛『恋愛と結婚の書』(文藝春秋,1995年7月/菊池寛全集第21巻)
きくち・ひさかず 菊池久一「チョムスキーによるラッセル記念講義『知識と自由』」[菊池久一『差別表現とは何か』(勁草書房, 2001年1月)
きむら・だいじ 木村大治『括弧の意味論』(NTT出版,2011年2月)
ギル,ロビン ロビン・ギル(著),E.O.ライシャワー(序文)『反日本人論』」(工作舎,1985年2月)

(く)
くきた・みなお 久木田水生氏の博士論文「ラッセルの論理主義」について −2006年1月23日,京都大学博士学位授与式における尾池和夫学長式辞から-」]
クマール,サティシュ クマール「合理主義と非暴力 −バートランド・ラッセルとの遭遇」 [サティシュ・クマール(著),尾崎修(訳)『君あり、故に我あり−依存の宣言』(講談社学術文庫,2005年4月)]
クリスチャン,ブライアン ブライアン・クリスチャン(著),吉田晋治(訳)『機械より人間らしくなれるか? - AIとの対話が,人間でいることの意味を教えてくれる>』(草思社,2012年6月)
グリック,ジェイムズ ジェイムズ・グリック(著),楡井浩一(訳)『インフォーメション − 情報技術の人類史』(新潮社,2013年1月刊)
クリッチリー,サイモン サイモン・クリッチリー(著),国領佳樹/杉本隆久(共訳)『哲学者たちの死に方』(河出書房新社,2009年8月刊)
くわばら,たけお  桑原武夫「紀元2000年の挑戦」[『中央公論』1977年9月号所収 /再録:『桑原武夫』第10巻]
くわばら,たけお  桑原武夫「他人の文章をまねない」[桑原武夫『文章作法』(潮出版社),1980年3月刊)所収 /再録:『桑原武夫』第10巻]
(け)

(こ)
こいずみ・しんぞう 『小泉信三全集・第2巻』(文藝春秋,1968年9月)
こうじょう・しんいち 駒城鎮一「探偵・推理小説の存在理由とバートランド・ラッセルの哲学的方法」 [駒城鎮一『探偵・推理小説と法文化』(世界思想社,2009年8月)]
こくぶ・こういちろう 国分功一郎『暇と退屈の倫理学 』(朝日出版社,2011年10月刊)
こじま・なおき 小島直記『志に生きた先師たち』(新潮社,1985年3月)
こだま・きよし 児玉清『負けるのは美しく』(集英社,2005年9月)
こばやし・いちろう 小林一郎『田山花袋研究-「危機意識」克服の時代(2)』(桜楓社,1982年6月刊)
こばやし・のぶひこ 小林信彦『世界の喜劇人』(新潮社,1983年1月刊/新潮社文庫版(=1973年に晶文社から刊行されたものを大幅に加筆したもの)
こもり・けんたろう 小森健太朗「『間違いの悲劇』におけるパラドクス」 [小森健太朗『英文学の地下水脈:古典ミステリ研究−黒岩涙香翻案原典からクイーンまで』(東京創元社,2009年2月)
こもり・けんたろう 小森健太朗「ライプニッツのモナドロジー/「モナドロギーからみた舞城王太郎」の一部」 [限界小説研究会(編)『社会は存在しない−セカイ系文化論』(南雲堂,2009年7月]
こもり・けんたろう 小森健太朗『探偵小説の様相論理学』 (南雲堂,2012年5月刊))
こやの・あつし 小谷野敦『恋愛の昭和史』(文藝春秋,2005年3月/初出:『文学界』2003年2月号〜2004年7月号)
ゴルデル,ヨースタイン ヨースタイン・ゴルデル(著),須田朗(他訳)『ソフィーの世界−哲学者からの不思議な手紙』(NHK出版,1995年6月)
コンウェイ,フロー フロー・コンウェイ,ジム・シーゲルマン(共著),松浦俊輔(訳)『情報時代の見えないヒーロー --ノーバート・ウィーナー伝』(日経BP社、2006年12月
こんどう・たかひろ 近藤孝弘「歴史教育の機能」 [近藤孝弘『国際歴史教科書対話−ヨーロッパにおける「過去」の再編』(中公新書n.1438,1998年刊)]

<さ〜そ>
(さ)
サイード, E. W. エドワード・W・サイード(著),大橋洋一(訳)『知識人とは何か』[平凡社,1995年5月]
サイモン,ハーバート・A  ハーバート・A・サイモン(著),安西祐一郎・安西徳子(共訳)『学者人生のモデル』((岩波書店,1998年1月刊)
さいとう・たかし 斉藤孝「ラッセル(著)『幸福論』で考える退屈力」 [斉藤孝『退屈力』(文藝春秋,2008年4月)]
さいとう・つるこ 斉藤鶴子「(1962年日記)第8回原水爆禁止大会前後」」 [『高度成長の時代 女たちは』(イザラ書房,1992年2月刊/銃後史ノート・シリーズ・戦後篇第6回配本)]
さいとう・まさひさ 斉藤雅久『教養の場としての英文読解』(游学社,2012年11月刊/第3刷=2013年11月)
さいとう・よしおみ 斎藤嘉臣『文化浸透の冷戦史−イギリスのプロパガンダと演劇性-』(勁草書房,2013年10月刊)]
さいとう・よしふみ 斎藤兆史「お釈迦様(岩崎民兵)の掌の孫悟空」 [斎藤兆史『英語達人列伝−あっぱれ、日本人の英語』(中公新書,2000年5月)]
さいとう・よしふみ 斎藤兆史「英語の名文 Bertrand Russell」 [斎藤兆史『英語達人塾−極めるための独習法指南』(中公新書,2003年6月)
さいとう・よしふみ 斉藤兆史「昭和後期の「受験英語」」 [斉藤兆史『日本人と英語−もうひとつの英語百年史』(研究社,2007年10月)
さいとう・よしふみ 斉藤兆史,野崎歓(共著)『英仏文学戦記−もっと愉しむための名作案内』(東京大学出版会,2010年7月刊)
さいとう・よしふみ 斉藤兆史「この時代にふさわしい英語教科書 (特集:高校英語教科書,私はこう読みました)」 [出典:『G.C.D.英語通信』n.48 (Apr.2011)]
サガート,ポール ポール・サガード(著),武藤隆(監訳),松井由佳/松井愛奈(共訳)『脳科学革命−脳と人生の意味』」[新曜社,2013年1月]
さかの・まさたか 坂野正高「中国と日本−バートランド・ラッセルの『中国の問題』(1922年)をめぐって」[『アジアの中の日本』(東京大学出版会,1975年3月刊/東京大学公開講座・第20巻)pp.245-284]
さたか・まこと 佐高信『師弟−教育は出会いだ』(講談社文庫-さ33,1988年11月刊)
さたか・まこと 佐高信「懐疑する哲学者の孤独感:ラッセル(著)『西洋哲学史』」 [佐高信『私を変えた百冊』(講談社,2002年5月/講談社文庫,2005年5月)]
さとう・たかし 佐藤喬「(解説)詩人ラフカディオ・ハーン」 [『ラフカディオ・ハーン著作集・第13巻』(恒文社,1987年,8月)]
さとう・ただお 佐藤忠男「少年の理想主義について−大正期『少年倶楽部』の分析から」【鶴見俊輔(編集・解説)『大衆の時代』(平凡社,1969年3月刊/現代人の思想シリーズ第7巻pp.271-297)】
サルツブルグ,デイビッド デイヴィッド・サルツブルグ(著),竹内惠行・熊谷悦生(共訳)『統計学を拓いた異才たち』(日本経済新聞社,2006年3月刊/日経ビジネス文庫・科学1143=2010年4月刊)

(し)
シーモア,ミランダ ミランダ・シーモア(著),蛭川久康(訳)『オットリン・モレル,破天荒な生涯 - ある英国貴婦人の肖像』(彩流社,2012年7月刊)
しずめ・やすお 鎮目恭夫『性科学論』(みすず書房,1975年6月刊)
シック・ジュニア(jr.),セオドール T.・シック・ジュニア,L.・ヴォーン(共著),菊池聡,新田玲子(共訳)『クリティカル・シンキング−不思議現象篇』(北大路書房,2004年9月刊)
しばた・こうたろう 柴田耕太郎『翻訳力錬成テキストブック−柴田メソッドによる英語読解-』(日外アソシエーツ,2004年4月刊. 9,800円+税!)
しまざき・とうそん 島崎藤村『感想集 春をまちつつ』(アルス,1925年3月刊)
しまず・いたる 嶋津格『問いとしての<正しさ>』(NTT出版,2011年10月刊)
しもむら・とらたろう 下村寅太郎「「イギリス的哲学者」としてのラッセル[下村『精神史としての科学史』(燈影舎,2003年2月刊/京都哲学選書v.27)
シュローダー,アリス アリス・シュローダー『スノーボール(ウォーレン・バフェット伝)』上巻(日本経済新聞出版社,2009年11月)
しらす・しんや 「茂木健一郎と白洲信哉との対談」 白洲信哉『白洲スタイル』(飛鳥新社,2009年8月)

(す)
すえかわ・ひろし 末川博「科学と人間」 [末川博『教学半世紀』(栗田出版会,1971年12月)]
すずき・けん 鈴木健『なめらかな社会とその敵 − PICSY・分人民主主義・構成的社会契約論』(勁草書房,2013年1月刊)
すずき・しょうぞう 鈴木祥蔵「バートランド・ラッセル−平和教育の先駆者」[白石晃一・三笠乙彦(編)『現代に生きる教育思想2 イギリス』(ぎょうせい,1982年2月)
すずき・たかお(けんきゅうかい) 鈴木孝夫研究会(編)『鈴木孝夫の世界・第2集 −ことば・文化・自然−』(富山房インターナショナル,2011年7月刊)
すずき・もさぶろう 鈴木茂三郎「安楽死の問題」 [『鈴木茂三郎選集』第2巻(労働大学,1970年)]
ステイル,ベン ベン・ステイル(著),小坂恵理(訳)『ブレトンウッズの闘い−ケインズ,ホワイトと新世界秩序の創造』(日本経済新聞社,2014年8月刊)
ステッド, C. K. C. K. ステッド(作),大澤銀作(他訳)『小説マンスフィールド−愛と友情の変奏曲』(文化書房博文社,2005年10月)
スミス,リチャード・ノートン リチャード・ノートン・スミス(著),村田聖明,南雲純(共訳)『ハーバードの世紀−−アメリカを作った名門大学』(早川書房,1990年1月)

(せ)

(そ)
そうごうけんきゅうかいはつきこう [総合研究開発機構(編)『新聞に見る社会資本整備の歴史的変遷:昭和期』(日本経済評論社,1989年1月)]

<た〜と>
(た)
たかすぎ・りょう 高杉良『不撓不屈(ふとうふくつ)』(新潮社,2002年6月)
たかはし・しんいち 高橋愼一『現代天皇制』(日本評論社,1977年2月)]
たかはし・しょういちろう [高橋昌一郎『理性の限界−不可能性・不確定性・不完全性』』(講談社,2008年6月刊/現代新書n.1948)
たかはし・しょういちろう [高橋昌一郎『小林秀雄の哲学』』(朝日新聞出版,2013年9月刊/朝日新書426)]
たかはた・てつや 高橋哲哉「女性国際戦犯法廷」 高橋哲哉『歴史/修正主義』(岩波書店,2001年
たかはた・てつや 高橋哲哉「愛国心ヘ育−私が何を愛するかは私が決める」」【大内裕和(編著)『愛国心とヘ育』(日本図書センター,2007年6月)】
たかはた・みちとし 高畠通敏『政治の論理と市民』(筑摩書房,1971年11月)
たかむれ・いつえ 高群逸枝「平和運動」 [『高群逸枝全集第5巻:女性の歴史II』(理論社,1966年)]
たかやま・まもる 高山守『因果論の超克−自由の成立に向けて』(東京大学出版会,2010年1月刊)]
たけうち・かおる 竹内薫『天才の時間』(NTT出版,2008年8月)
たけだ・よしかず 武田芳一『熱い港−大正十年・川崎三菱大争議』(太陽出版,1979年3月)
ただ・みちたろう 多田道太郎「怠惰の思想」 [多田道太郎『日本人の美意識』(筑摩書房,1994年4月)]
たちばな・たかし 立花隆「ロンドンからの招待状」 [立花隆『思索紀行−ぼくはこんな旅をしてきた』(書籍情報社,2004年10月)]
たちばな・たかし 立花隆『ぼくの血となり肉となった500冊、そして血にも肉にもならなかった100冊』(文藝春秋,2007年1月)
たつの・かずお 辰濃和男「「怠」−「1日4時間労働」の夢[ラッセル『怠惰への讃歌』」 [辰濃和男『ぼんやりの時間』(岩波新書n.1238,2010年3月)]
たつの・のぶゆき <立野信之『黒い花(下巻)』(ぺりかん社,1974年5月)
たなか・まきこ 田中眞紀子「日本に目覚めたアメリカ留学」 [『早野透(インタビュー)『政治家の本棚』(朝日新聞社,2002年5月)]
タレブ,ナシーム・ニコラス ナシーム・ニコラス・タレブ(著),望月衛(訳)『ブラック・スワン』上・下(ダイヤモンド社,2009年年6月刊)
ダンツイク,トビアス ビアス・ダンツィク(著),水谷淳(訳)『数は科学の言葉』(日経BP社,2007年2月)((日経BP社,2007年2月)

(ち)
ちば・しん 千葉眞「戦後日本の政教分離と靖国問題」【和田守(編著)『日米における政教分離と「良心の自由」』(ミネルヴァ書房,2014年3月刊)】
チャーナウ,ロン ロン・チャーナウ(著),井上廣美(訳)『タイタン - ロックフェラー帝国を創った男』(日経BP社,2000年9月刊/上下2巻本)
チョムスキー、ノアム 『チョムスキー、世界を語る』(田桐正彦(訳)/トランスビュー,2002年9月)
チョムスキー、ノアム ノーム・チョムスキー(著),鈴木主税・浅岡政子(共訳)『破綻するアメリカ 壊れゆく世界』(集英社,2008年12月))
チョムスキー、ノアム 「<インタビュー>ノーム・チョムスキー」(『Esquire(エスクァイア日本版)』2009年??月)
チョムスキー、ノアム ノーム・チョムスキー+ラリー・ポーク(対談),吉田裕(訳)『複雑化する世界,単純化する欲望』(花伝社,2014年7月)
ちん・りっしん 陳立新『梁啓超とジャーナリズム』(芙蓉書房出版,2009年6月)


(つ)
つかもと・あきこ 塚本明子「バートランド・ラッセル−「核」に人類の危機を感じ,パグウォシュ会議を提唱」 [樺山紘一他(編)『人物20世紀』(第一法規出版株式会社,1998年10月刊)]
つるみ・しゅんすけ 鶴見俊輔「バートランド・ラッセル −若い人に学ぶ謙虚な反戦家」 [鶴見俊輔(著)『悼辞』(SURE,1994年10月)]
つるみ・しゅんすけ 鶴見俊輔『期待と回想(上巻)』(晶文社,1997年8月)
つるみ・しゅんすけ 鶴見俊輔『期待と回想(下巻)』(晶文社,1997年8月)
つるみ・しゅんすけ 『大人になるって何?−鶴見俊輔と中学生たち』(晶文社,2002年5月)
つるみ・しゅんすけ 『戦争が遺したもの−鶴見俊輔に戦後世代が聞く』(新曜社,2004年3月)
つるみ・しゅんすけ 鶴見俊輔×黒川創(=聞き手)『不逞老人』(河出書房新社,2009年7月刊)


(て)
ディーコン,チャード チャード・ディーコン(著),橋口稔(訳)『ケンブリッジのエリートたち』(晶文社,1988年1月)
デュプレ,ベン ベン・デュプレ(著),近藤隆文(訳)『人生に必要な哲学50』(近代科学社,2009年11月刊/知ってる?シリーズ)
てらしま・じつろう 寺島実郎『われら戦後世代の「坂の上の雲」−ある団塊人の思考の軌跡』(PHP研究所,2006年
てらしま・じつろう 日本総合研究所(編),寺島実郎(監修)『日本で一番いい県−都道府県別幸福度ランキング』(東洋経済新報社,2012年12月

(と)
ドスタレール、ジル ジル・ドスタレール(著),鍋島直樹・小峯敦(監訳)『ケインズの闘い−哲学・政治・経済学・芸術』(藤原書店,2008年9月)
とみおか・たえこ 富岡多恵子『表現の風景』(講談社,1985年)
とみた・たつひこ 冨田達「文の構造の誤解」 [冨田達彦『(小説)科学哲学者・柏木達彦の冬学期−原子論と認識論と言語論的転回の不思議な関係、の巻』(ナカニシヤ出版,1997年8月)]
とみなが・なおひさ 富永直久「ケース・スタデイ9(92歳にして立つ)」  [富永直久『彼らは何歳で始めたか』(ダイヤモンド社,1991年10月刊)]
とみなが・なおひさ 同上 その2
トムズ,スーザン スーザン・トムズ(著).小川典子(訳)『静けさの中から−ピアニストの四季』(春秋社,2012年6月)]
ともなが・しんいちろう 朝永振一郎×田中慎次郎×山内恭彦(対話) [『逆説としての現代−みすず・対話篇』(みすず書房,1970年6月)]
ともなが・しんいちろう 朝永振一郎『物理学と私』(みすず書房,1982年1月/朝永振一郎著作集・第2巻)
とやま・しげひこ 外山滋比古「耳の形式」 [外山滋比古『短詩型の文学』(みすず書房,2002年12月)]
とやま・しげひこ 外山滋比古「耳で聞き、耳で読む」 [外山滋比古(著)『読みの整理学』(ちくま文庫、2007年10月/本書は、講談社から1981年に出された『読書の方法』を加筆・修正したもの)]
とやま・しげひこ 外山滋比古『元気の源・五体の散歩−「知」を支える頭と体の整え方』」(祥伝社,2014年年8月刊)]
ドラッカー [望月護(著)『ドラッカーの実践経営哲学』(PHP、2002年9月/新版=2010年6月)]
ドラッカー [ドラッカー『(新訳)新しい現実−政治,経済,ビジネス,社会,世界観はどう変わるか』(ダイヤモンド社、2004年1月/ドラッカー選書n.10)]

<な〜の>
(な)
なかい・ひさお 中井久夫「数学嫌いだった天才数学者−ラッセルとウィーナーの病跡学」『無限大』(日本アイビーエム)no.11(1972年)]
なかい・ひさお 中井久夫「いじめの政治学」[栗原彬(編)『共生の方へ』(弘文堂,1997年3月)]
なかた・さちこ 中田幸子『前田河廣一郎における「アメリカ」』(国書刊行会,2000年10月刊)
なかの・こうじ 中野孝次「生活の中に品位を求める」 [中野孝次『老年の愉しみ』(文春文庫,2000年11月/単行本:海竜社、1997年)]
なかの・よしお 中野好夫「誰のために書いているのか」 [『中野好夫集IV:逆臣は歴史によみがえる』(筑摩書房,1984年1月)]
なかみ・まり 中見真理『柳宗悦−時代と思想』(東京大学出版会,2003年11月)
なかみ・まり 中見真理『柳宗悦−「複合の美」の思想』(岩波書店,2013年年7月刊/岩波新書・赤版n.1435)
なかむら・ゆうじろう 中村雄二郎『術語集−気になることば−』(岩波書店,1984年9月刊/岩波新書・黄版276)
なかむら・ゆうじろう 中村雄二郎:G.ベイトソン−知の極地としてのメタローグ]と[『新しい科学・技術を拓いたひとび』(岩波書店,1999年12月刊/岩波講座「科学・技術と人間」別巻)]
ナソー,ディヴィッド ナソー「押しつぶされたアメリカ」 [ディヴィッド・ナソー(著),井上廣美(訳)『新聞王ウィリアム・ランドルフ・ハーストの生涯』(日経BP社,2002年9月)]
なりた・まさみ 成田雅美「'常識'と核戦争 --バートランド・ラッセルの平和思想」[『言語社会』(一橋大学大学院言語社会研究科紀要)v.4(2010.3.31)]

(に)
にしだ・きたろう 『西田幾多郎全集第23巻(書簡V)』(岩波書店,2007年9月刊)
にしもと・いくこ 西本郁子『時間意識の近代−「時は金なり」の社会史』」 (法政大学出版局,2006年11月)
にしわき・じゅんざぶろう 西脇順三郎「イギリス精神」 [西脇順三郎『あざみの衣−西脇順三郎エッセイ集』(大修館書店,1961年)]
ニスベット,リチャード ニスベット「西洋の思考の習慣」 [リチャード・E・ニスベット(著),村本由紀子(訳)『木を見る西洋人、森を見る東洋人−思考の違いはいかに生まれるか』(ダイヤモンド社,2004年6月)]
にほんべんごしれんごうかい ベトナムにおける戦争犯罪調査 [日本弁護士連合会(編)『日弁連二十年』(日本弁護士連合会,1970年5月刊)
にわ・こやた 丹羽小弥太(編著)『科学者の言葉』(講談社,1966年9月刊/講談社現代新書91)


(ぬ)

(ね)
ネルソン,テッド ネルソン「学校」 [テッド・ネルソン(著)『リテラリー・マシン − ハイパーテキスト原論』(ASCII,1994年10月)]

(の)
のがみ・やえこ 「国家と道徳(天野貞祐・野上弥生子・長谷川如是閑の3人の対談)」 『『(野上弥生子)対談・座談1』(岩波書店,1982年6月)
のぐち・ゆきお 野口悠紀雄「部分の観察で「敵・味方」と認識する誤り」 [野口悠紀雄『「超」整理日誌−地動説を疑う』(ダイヤモンド社,2004年9月)]
のま・ひろし 「野間宏「分子生物学と文学」 [『茨城文学』1975年2月]

<は〜ほ>
(は)
ハーディ,G. H. 『G. H. ハーデイ(著),柳生孝昭(訳)『一数学者の弁明』(みすず書房,1975年
バード,カー カー・バード+マーティン・シャーウィン『オッペンハイマー −'原爆の父'と呼ばれた男の栄光と悲劇』上・下巻(PHP,2007年8月)
バーリンスキー, デイビッド デイビッド・バーリンスキ(著),林大(訳)『史上最大の発明 アルゴリズム−現代社会を造り上げた根本原理』』(早川書房,2001年12月. 393pp.)
パウンドストーン,ウィリアム [ウィリアム・パウンドストーン(共),松浦俊輔(他訳)『囚人のジレンマ--フォン・ノイマンとゲームの理論』(青土社、1995年3月)]
はぎわら・のぶとし 萩原延壽『書書周游(しょしょしゅうゆう)』(朝日新聞社,2008年3月刊/萩原延壽集第5巻)
ハッキンガム,ウィル ウィル・バッキンガム(他・編著),小須田健(訳)『哲学大図鑑』(三省堂,2012年2月刊)
ハッキング,イアン イアン・ハッキング『確率の出現』(慶應義塾大学出版会,2013年12月刊)
バッジーニ,ジュリアン ジュリアン・バッジーニ,ピーター・フォスル(共著),長滝祥司,廣瀬覚(共訳)『哲学の道具箱』(共立出版,c2007)
バトラー=ボードン,T. T. バトラー=ボードン(著),大間知知子(訳)『世界の哲学50の名著−エッセンスを究める』(ディスカバー・ツウェンティ・ワン,2014年2月刊)
ばば・つねご 馬場恒吾「レーニンの印象」 [馬場恒吾『自伝点描』(中公文庫,1989年8月)]
はにや・ゆたか 埴谷雄高「闇の奥を究極まで突っ走る人間」 [『埴谷雄高全集第17巻 隠された無限』(講談社,2000年11月刊)]
バフェット,メアリー メアリー・バフェット、デビッド・クラーク(著),峯村利哉(訳)『史上最強の投資家、バフェットの教訓−逆風の時でもお金を増やす125の知恵』(徳間書店,2008年1月)
はまさき・のぞむ 濱崎望「バートランド・ラッセルの招聘」 [犬塚孝明ほか(編著)『新薩摩学 雑誌『改造』とその周辺』(南方新社,2007年10月刊/薩摩学シリーズ第5巻)]
ヴァン=ダイン, S. S. S・S・ヴァン=ダイン(作),日暮雅通(訳)『僧正殺人事件』(東京創元社,2010年4月刊/創元推理文庫Mウ14)

(ひ)
ひだか・ろくろう 日高六郎「諸価値の二者択一」 [日高六郎『戦後思想と歴史の体験』(勁草書房,1974年10月)]
ひめの・かおるこ 姫野カオルコ『終業式 the closing ceremony』(新潮文庫,1993年3月刊/角川文庫,2004年2月刊)
ひらいし・こう 平石耕『グレアム・ウォーラスの思想世界−来るべき共同体論の構想』(未来社,2013年3月刊)
ひろおか・もりほ 広岡守穂『市民社会と自己実現』 (有信堂,2013年12月刊)
ピンカー,スティーブン スティーブン・ピンカー『思考する言語−「言葉の意味」から人間性に迫る』上巻 (日本放送出版協会,2009年3月刊)


(ふ)
ふかしろ・じゅんろう 『深代惇郎の青春日記』(朝日出版社,1978年9月)
ふくはら・りんたろう 福原麟太郎「学問における東と西」 [福原麟太郎『文学的人生−福原麟太郎対話集』(研究社,1970年3月刊)]
ふじおか・まこと? [藤岡真(作)「笑歩」]『小説新潮』1992年12月号
ふじた・しょうぞう 藤田省三「現代における理性の回復」 [藤田省三『維新の精神』(みすず書房,1967年3月)]
ブライアン,デニス ブライアン「ローゼンバーグ夫妻の減刑を嘆願」 [デニス・ブライアン(著),鈴木主税(訳)『アインシュタイン−天才が歩んだ愛すべき人生』(三田出版会,1998年12月)]
ブラッドベリ,レイ レイ・ブラッドベリ(作),伊藤典夫(訳)『(新訳版)華氏451度』(早川書房,2014年6月刊/早川文庫)
ブランギエ,J-C. J-C.ブランギエ(編著),大浜幾久子(訳)『ピアジェ晩年に語る』(国土社,1985年9月)
フランシス,ディック ディック・フランシス(作),菊池光(訳)『(小説)興奮』」(早川書房,1976年4月刊/早川ミステリ文庫)]
ふるた・ひろし 古田博司「珍本通読(ラッセル『西洋哲学史』など)」[『ちくま』2011年5月号pp.58-59.]
フロム,エーリッヒ エーリッヒ・フロム(著),佐野哲郎(訳)『反抗と自由』(紀伊國屋書店,1983年2月)]

(へ)
ヴェイユ,アンドレ アンドレ・ヴェイユ(著),稲葉延子(訳)『アンドレ・ヴェイユ自伝(下巻)−ある数学者の修行時代』(シュプリンガー・フェアラーク東京,1994年5月)
ベル,E.T. E.T.ベル(著),田中勇・銀林浩(共訳)『数学をつくった人々−下−』(東京図書,1976年10月刊)
ヘルマン,ハル ヘルマン「ポアンカレ vs ラッセル:数学の論理学的基礎」 [ハル・ヘルマン(著),三宅克哉(訳)『数学10大論争』(紀伊国屋書店,2009年12月刊)]
ペレティエ、ケネス ケネス・ペレティエ(著),吉福伸逸・他(訳)『意識の科学ーホリスティックなヒーリングへの道』(工作舎,1986年10月刊)(
ベントリー,ピーター・J. ピーター・J・ベントリー(著),日暮雅道(訳)『<ビジュアル版>数の宇宙−ゼロ(0)から無限大(∞)まで』(悠書館,2009年1月刊)(

(ほ)
ホーキング、スティーヴン スティーヴン・ホーキング(著),佐藤勝彦(訳)『ホーキング、宇宙のすべてを語る』(ランダムハウス講談社,2005年9月)
ボーデン,マーガレット・A. マーガレット・A.ボーデン(著),野崎昭弘・村上陽一郎・廣松毅(監訳)『人口知能と人間』』(サイエンス社,1986年4月)
ほそかわ・みきお 細川幹夫「ラッセル, B. A. W.」 [細谷俊夫・他(編)『教育学大事典』第5巻(第一法規出版株式会社,1978年7月刊)]
ほそや・ちひろ [[細谷千博・他(編)『(国際シンポジウム)東京裁判を問う』(講談社学術文庫, 1989年)]
ホフマン,K. K. ホフマン(著),山崎正勝(他訳)『オットー・ハーン −−科学者の義務と責任とは』(シュプリンガー・ジャパン,2006年9月)
ホブズボーム,エリック ホブズボーム「クニヒト山麓にて」 [エリック・ホブズボーム(著),河合秀和(訳)『わが20世紀・面白い時代』(三省堂,2004年7月)]
ホルト,ジム ジム・ホルト(著),寺町朋子(訳)「世界はなぜ'ある'のか?−実存をめぐる科学・哲学的探索」(早川書房,2013年10月)
ボルヘス,J. L. J. L. ボルヘス(作),鼓直(訳)『伝奇集』」(岩波書店,1993年11月刊/岩波文庫・赤792-1)

<ま〜も>
(ま)
マークス,トシコ マークス寿子『本当の英語力をつける本』(PHP,2003年7月)
マートン,R. K. R. K. マートン(著),森東吾(他訳)『社会理論と社会構造』(みすず書房,1961年9月第1刷;1990年10月第17刷発行)
マクルーハン,マーシャル マーシャル・マクルーハン(著),後藤和彦,高儀進(共訳)『人間拡張の原理−メディアの理解』(竹内書店新社,1967年11月刊)
マクルーハン,マーシャル 柴田崇『マクルーハンとメディア論 −身体論の集合』(勁草書房,2013年9月刊。 xii,207,xx pp.)
マクレイ,ノーマン ノーマン・マクレイ(著),渡辺正,芦田みどり(共訳)『フォン・ノイマンの生涯』(朝日選書n.610,1998年/原著:John von Neumann, by Norman Macrae, c1992)
まつざわ・ひろあき 松沢弘陽「『丸山眞男集6』の解題」[『丸山眞男集6 1953-1957』(岩波書店,1995年12月)(]
まつばら・たかし 松原隆志(作)『ゴル』(文芸社,2007年年9月刊。)
まつばら・ひとし 松原仁「ロジック・セオリスト」[市川伸一(編)『認知心理学4 思考』(東大出版会,1996年初版,2009年10月刊=第7刷)]
まつむら・としひこ 松村敏彦『ジョウゼフ・コンラッド −比較文学的研究と作品研究』(大阪教育図書,2012年11月刊)
まつもと・しげはる 松本重「ヨーロッパから学ぶこと」 [松本重治『国際日本の将来を考えて』(朝日新聞社,1988年1月刊)]
まつもと・まさかず 松元雅和『平和主義とは何か−政治哲学で考える戦争と平和』 (中央公論新社,2012年11月刊)]
まるやま・まさお 丸山眞男「現代における人間と政治」 [『丸山眞男集第9巻(1961-1968)』(岩波書店,1996年)]

(み)
みうら・としひこ 三浦俊彦(作)『エクリチュール元年』(海越出版社,1998年2月)
みうら・としひこ 三浦俊彦vs長滝祥司「(対談)小説、哲学、あるいは選択」[『八事(中京大学評論誌)』no.27(Mar. 20, 2011)pp.8-48.]
みしま・ゆきお 三島由紀夫「新ファッシズム論」[出典:三島由紀夫全集第26巻『評論』(新潮社,1975年6月刊)
みしま・ゆきお 『思想への望郷 −寺山修司対談集』(講談社,2004年6月)
みつびしかこうきかぶしきがいしゃ 「環境保全技術の課題」 [『環境・エネルギー・技術への挑戦−三菱化工機四十周年を記念して』(三菱化工機株式会社,1975年)]
みねしま・ひでお 峰島旭雄『西洋は仏教をどうとらえるか−比較思想の視座』」(東京,1987年6月)]
みやけ・こう 三宅鴻「代名詞的表現」」 [鈴木孝夫(編)『日本語の語彙と表現』(大修館書店,1976年12月)]
みやざわ・けんじ(はら・しろう) 「農民芸術」 [原子朗(編著)『宮沢賢治語彙辞典』(東京書籍,1989年10月)]
みやざわ・としよし 宮澤俊義『憲法講話』(国書刊行会,2000年10月刊/岩波新書-青627)]

(む)
むとう・しゅうたろう 武藤秀太郎『近代日本の社会科学と東アジア』(藤原書店,2009年4月刊)
むらかみ,かずお 村上和雄(著)『科学者の責任−未知なるものとどう向き合うか』(PHP研究所,2012年3月刊)
むらた・もとい 村田基「山の家」」 [村田基『恐怖の日常<ホラー小説集>』(早川書房,1989年2月刊/ハヤカワ文庫)pp.9-44]
ムロディナウ、レナード ムロディナウ「不確かを前に人間が使う二つの戦略」 [レナード・ムロディナウ(著),田中光彦(訳)『たまたま−日常に潜む「偶然」を科学する』(ダイヤモンド社,2009年9月)]

(め)
メータ、ベド ヴェド・メータ(著),河合秀和(訳)『ハエとハエとり壺』(みすず書房,1970年1月)
メドニック,S. A. S.A.メドニック,J.ヒギンズ,J.キルシェンバウム(著),外林大作,島津一夫(翻案)『心理学概論−行動と経験の探求』(誠信書房,1979年9月)

(も)
もうり・よしのぶ 毛利可信「Egocentric Words」 [毛利可信『意味論から見た英文法』(大修館書店,1972年4月)]
もちづき・まもる 望月護(著)『ドラッカーの実践経営哲学』(PHP研究所、2010年6月/旧版=2002年9月)
もり・ひろし 森博「バートランド・ラッセル」』 [盛岡清美・他(編)『新社会学辞典』(有斐閣,1993年2月刊)](
もりかわ・きんじゅ? 『森川金寿『昭和人権史への証言』(時事通信社,1980年3月)
もりもと・てつお 森本哲郎『日本十六景』(PHP文庫,2008年8月)
もりたき・いちろう? 森滝市郎「1957年8月27日、ラッセル卿訪問」 [『ヒロシマ四十年−森滝日記の証言』(中国新聞社(編),1985年7月)]
モンタルチーニ、リータ・リーヴィ・ モンタルチーニ「証言:バートランド・ラッセル」 [リータ・リーヴィ・モンタルチーニ『老後も進化する脳』(朝日新聞出版,2009年3月)]

<や〜よ>
(や)
やぎさわ・たかし 八木沢敬(著)『分析哲学入門』(講談社,2011年12月/講談社選書メチエn.517)
やすかわ・えつこ 安川悦子『アイルランド問題と社会主義--イギリスにおける「社会主義の復活」とその時代の思想史的研究 』(御茶ノ水書房,1993年2月)
やすかわ・じゅのすけ 安川寿之輔『<増補>日本近代教育の思想構造』』(新評論,1986年4月刊)
やすば・やすお 安場保雅「小父上様(鶴見祐輔)をしのぶ」 [北岡寿逸(編)『友情の人・鶴見祐輔先生』(発行=北岡寿逸,1975年11月刊]
やつやなぎ・りか (抒情詩) Spinoza - Lika 8yanagi(八柳李花 スピノザのうた:「ラッセル(著)『西洋哲学史』から」(YuTube)
やべ・ていじ 『矢部貞治日記-銀杏の巻』(読売新聞社,1974年5月刊)
やまうち・はるみ 山内清海「バートランド・ラッセルの無神論」 [山内清海『現代人と無神論』(中央出版社,1972年)] )
やまだ・まさき [山田正紀『(SF小説)神狩り』(早川書房、1976年11月/ハヤカワ文庫JA-88)
やまだ・まさひろ 山田昌弘『希望格差社会−「負け組」の絶望感が日本を引き裂く』(筑摩書房,2004年11月刊)
やまだ・みつなり 山田光成「私の履歴書」(『私の履歴書・経済人』第24巻/日本経済新聞社,1987年)pp.85-169.
やまもり・とおる 山森亮『ベーシック・インカム入門−無条件給付の基本所得を考える』(光文社新書,2009年2月)
やなせ・なおき 『柳瀬尚紀『翻訳困りっ話』(白揚社,1980年9月)
やなせ・なおき 柳瀬尚紀『辞書を読む愉楽』(角川選書,2003年
やなぶ・あきら [柳父章『比較日本語論』(バベル・プレス,1979年11月)
やの・のぼる 矢野暢「'猫と鼠の倫理学'から学ぶこと」 [矢野暢『国際化の意味−いま「国家」を超えて』(日本放送出版協会,1986年)]
ヤン・ソクイル 梁石日『(小説)終わりなき始まり-上巻』(朝日新聞社,2004年11月/朝日文庫)]

(ゆ)
ゆあさ・たけお 湯浅赳男「社会主義の命運を予見した知性たち(ケインズ,ラッセル,デューイ,ジイド」」【『This is 読売』1992年3月号]

(よ)
よさの・あきこ 与謝野寛+与謝野晶子『鉄幹晶子全集・第19巻』(勉誠出版,2005年8月刊)
よさの・ひろし(てっかん) 逸見久美(編)『与謝野寛・与謝野晶子書簡集成』第2巻(八木書店,2001年7月刊)
よしなり・まゆみ 吉成真由美(インタビュー/編)「知の逆転」/a>(NHK出版2012年12月刊/NHK出版新書395)
よしの・げんざぶろう 
吉野源三郎『平和への意志−『世界』編集後記、1946〜1955年』(岩波書店,1995年2月)
よねざわ・ゆうじ 米盛裕二「仮説と帰納」 [米盛裕二『アブダクション−仮説と発見の論理』(勁草書房,2007年)]
よみうり・しんぶん 「政治を動かす・原水爆禁止論 --ラッセル,人類の危機警告」  [『読売年鑑1955年版』第五部「世界の文化」の冒頭]
よみうり・しんぶん 「仕事と幸福」(『読売新聞-編集手帳)2009年7月5日付](
よみうり・しんぶん 「耳で読む」 [『読売新聞』編集手帳(2009年9月24日付)]

<ら〜ろ>
(ら/ラ)
ラマチャンドラン [V.S.ラマチャンドラン(著),山下篤子(訳)『脳のなかの幽霊、ふたたび』(角川書店、2005年7月)]
ラマヌジャン B. C. バーント,R. A. ランキン(編著),細川尋史(訳)『ラマヌジャン書簡集』(シュプリンガー・フェアラーク東京,2001年6月刊)

(り)
リドレー,マット マット・リドレー(著),中村桂子・斉藤隆央(共訳)『やわらかな遺伝子」』(紀伊國屋書店,2004年5月刊/早川ノンフィクション文庫=2014年刊)]
リヴィオ、マリオ マリオ・リヴィオ(著),千葉敏生(訳)『偉大なる失敗−天才科学者たちはどう間違えたか』(早川書房,2015年1月刊)]
リフキン、ジェレミー ジェレミー・リフキン『エントロピーの法則−21世紀文明観の基礎』」(祥伝社),1982年11月)]

(る)

ルーマン,ニクラス ニクラス・ルーマン(著),高橋徹(他・訳)『社会構造とゼマンティク』第3巻(法政大学出版局,2013年12月刊/叢書ウニベルシタスn.963)]


(れ)
レノン、ジョン 巻口勇次「MBE勲章の返還」 [巻口勇次『永遠のジョン・レノン−−愛と平和と音楽に賭けた男』(三修社,2008年11月)]
レヴァイン,ハワード ハワード・レヴァイン,ハワード・ラインゴールド(著),椋田直子(訳)『コンピュータ言語進化論−思考増幅装置を求める知的冒険の旅』(アスキー出版局,1988年3月刊)]

(ろ)
ローチ,ジョナサン ジョナサン・ローチ(著),飯坂良明(訳)『表現の自由を脅かすもの』(角川書店,1996年9月)

<わ〜を>
(わ)
ワインバーグ,ジェラルド・M・ ジェラルド・M・ワインバーグ(著),伊豆原弓(訳)『プログラミングの心理学−25周年記念版−』(日経BP社,2011年9月刊)
わだ・はるき 和田春樹「ソ連システムの挑戦とコスト」 [東京大学社会科学研究所『20世紀システム1:構想と形成』(東京大学社会科学研究所,1998年1月)]
わだ・ひろふみ 和田博文(他・編著)『言語都市ロンドン1861-1945』(藤原書店,2009年6月)
わたなべ・じろう 渡辺二郎「西洋思想から見た秩序と混沌」 [『混沌』(東京大学出版会,1991年6月)]
わたなべ・しょうこう 渡辺照宏『維摩経講話(改訂新版)』(大法輪閣,1972年10月)