バートランド・ラッセルのポータルサイト



H.スピーゲルバーグ編「往復書簡一覧表」
『シュワイツァー研究』n.11(シュワイツァー日本友の会、1982年9月)pp.76-78.

* (注)R = B. Russell / S = A. Schweitzer / AS = A. Silva / M = Metler / H = Hutton / S = R. Schoenman
年月日
発信者&
受信者
用語
主な内容
同時代史(この欄・訳者注)
1955年
01.(10月?)
02.11月26日

S→R
R→S
仏語
英語

ラッセルの訪問に対する感謝
ラッセルの返礼
1955年
4月 バンドンでアジア・アフリカ会議
7月 ジュネーヴで米・英・仏・ソ首脳会議
1957年
03.12月31日
S→R仏語ラッセルの平和運動に対する賛同1956年
7月 エジプト、スエズ運河国有化宣言
10月 ハンガリー事件
1957年
3月 欧州共同市場、原子力共同体条約
12月 NATOパリ憲章、カイロでアジア・アフリカ会議
1959年
04.2月19日
05.2月23日
06.(?)
M→R
R→M
H→S
英語
英語


K.ペータースの論文を送る
ラッセルの返事
ラッセルの名でベルリン問題とホウリ・ロッホ基地反対声明の起草を依頼
1958年
3月 ソ連核実験停止(10月再開)
7月 イラクにクーデター(10月、米英軍撤退)
1959年
1月 キューバでクーデター(F.カストロ首相)
9月 フルシチョフ訪米(国連総会で軍備撤廃を提案)、北京も訪問
1960年
7月 コンゴにベルギー・国連軍介入/ガボン独立
1961年
07.2月9日
S→R仏語ラッセルの抗議デモを支持、ハットンの要請は断る1961年
6月 ウィーンでケネディ=フルショチョフ会談
8月 東西ベルリンの境界閉鎖/国連軍、カタンガ作戦
9月 コンゴでハマーショルド国連事務総長墜落死
1962年
08.6月5日
09.6月10日
10.6月27日

11.8月10日
12.9月2日 

13.9月7日
14.10月11日
15.10月18日
16.10月24日

17.10月30日
18.11月11日
 
R→S
R→S
S→R

R→S
AS→R
+S→R
R→S
R→S
S→R
S→R

R→S
S→R
 
英語
英語
独語

英語
英語
仏語
英語
英語
独語
独語

英語
独語

大衆の無感覚/9月9日デモ参加
前者の要約
ラッセルの見解と計画に賛成(しかし不参加)
百人委員会の支援要請
返事の遅れの説明
ラッセルの企てに賛成
シュワイツアーの病院の仕事諒解
ラッセル平和財団発起の勧誘
財団支持、「人から人へ」
アメリカの核兵器使用発言に抗議するよう要請
平和財団の仕事を説明
マクマナラ非難の必要性を強調
1962年
3月 アルジェリア停戦協定
7月 モスクワで「全面軍縮と平和の世界大会」
10月 中印国境紛争/キューバ危機/第2バチカン公会議
 
1963年
19.1月2日
20.1月14日
21.1月15日
22.2月1日
23.1月26日
24.5月20日

25.5月29日
26.6月10日
27.7月2日
28.7月2日
29.9月9日

30.9月25日
31.9月27日
32.10月22日
 
S→R
S→R
R→S
S→R
R→S
R→S

S→R
R→S
R→S
F→S
R→S

R→S
R→S
S→R
 
仏語
仏語
英語
独語
英語
英語


英語
英語
英語
英語

英語
英語

カタンガ問題で意見の相違
国連軍の介入に意見を求める
ベルギーによるコンゴ搾取を非難
カタンガの分離の権利を弁護
カタンガは資本主義の搾取の好例
エジプト及びイスラエルの核兵器反対の要請
(署名には応じた)
東洋諸国との交渉の報告
平和財団の仕事の進行
それに関する親展の記録
(ソ連在住ユダヤ人のための)フルシチョフへの要望
平和財団設立公表の日程
フルシチョフへの要望の修正(たぶん要望には賛同)
1963年
1月 チョンベは国連軍とカサヴブ政府軍に破れてヨーロッパへ亡命;ルムンバ・ギゼンガ派の反政府運動続く
5月 アジス・アベバでアフリカ独立国首脳会議、「全アフリカ憲章」採択
8月 モスクワで米・英・ソ核実験停止条約に調印(宇宙空間を含むが、地下を除く;フランス、中国は不参加
11月 ケネディ大統領、ダラスで暗殺される
 
1964年
33.4月15日
34.7月15日
35.8月15日
36.8月28日
37.9月10日
38.9月17日
39.10月19日
 
R→S
R→S
S→R
R→S
S→R
R→S
S→R
 
英語
英語
仏語
英語
仏語
英語
仏語
 
平和財団の半年の活動状況
ケネディ暗殺究明会議発起人要請
発起人を断る
発起人となることのみ再度依頼
再度固辞
平和財団の宣言文を送る
公式参加はことわる。
1964年
2月 キプロス紛争
6月末 コンゴ派遣国連軍撤退
7月 チョムベ帰国し、中央政府首相となる(レオポルドヴィル)
8月 コンゴ民主共和国紛争再発
9月 コンゴ人民共和国革命政府(スタンリーヴィル)
11月ベルギー降下部隊、白人傭兵反政府側を制圧
1965年
40.1月14日
41.2月2日
42.3月19日
 
R→S
S→R
S2→S
 
英語
独語
英語
 
90歳誕生の祝賀(電報)
返礼と多くの共通の問題について
財団のための論文送り意見を聞く
1965年
2月 米空軍、北ベトナムを爆撃
4月 ワシントンで反戦デモ
9月 カシミール紛争
9月4日 シュワイツァー、ラムバレネで永眠
11月 モブツ将軍のグーデター、コンゴ共和国(キンシャサ)の大統領となる。