バートランド・ラッセルのポータルサイト

バートランド・ラッセル 英単語・熟語 l066

★ laudable【(adj.) 称賛に値する、称賛すべき、あっぱれな】

* 語源: laud(称える)+ -able(できる)→「称えることができる」→「称賛に値する」
* laudatory (adj.):賛美(称賛)の

1.ラッセルの著書より


ラッセル英単語・熟語1500
Of psychology in the modern sense, she had, of course, no vestige. Certain motives were known to exist: love of country, public spirit, love of one's children, were laudable motives; love of money, love of power, vanity, were bad motives.
[当然のことであるが,祖母は,近代的な意味での,(人間の)心理を理解する能力を持っていなかった。祖母には,ある種の動機が存在するということはわかっていた。たとえば,金銭愛,権力愛,虚栄は悪い動機であり,愛国心,公共精神,子供への愛情は賞賛すべき動機であった。]
 出典:ラッセル『自伝』第1巻 第1章「(幼少時代

Conventional people consider adultery one of the worst of crimes, but large sections of the population regard it as excusable if not positively laudable.
[因習的な人びとは不貞を最悪の犯罪の一つだと考えるが、大部分の人びとは、積極的にほめないにせよ(注:if not = even if not)、許すことのできるものであると見なす。]
 出典:ラッセル『幸福論』 第9章「世論に対する恐れ

I do not mean that the curriculum should be interrupted, but that the curiosity should be regarded as laudable, and the boy or girl should be told how to satisfy it after school hours, by means of books in the library, for example.
[カリキュラムを中断すべきだと言っているのではなく、その子どもの好奇心は賞賛すべきものととみなすべきだと言いたいのであり、また,少年少女には,たとえば図書室の本などによって,放課後に好奇心を満たす方法を教えてあげなければならない。]
 出典:ラッセル『教育論』第三部_知性の教育_第14章「一般的原理

In the course of it I spoke warmly and in most laudatory terms of Jean Nicod, the brilliant and delightful young mathematician who died in 1924(cf.pp.327)' .
[その講演の中で私は,1924年に亡くなった聡明かつ快活な若い数学者であるジャン・ニコ(Jean Nicod, 1893-1924.02.16/参考:ジャン・ニコ賞)について,熱をこめて,そして最大限の賞賛の言葉をもって語った。]
 出典:ラッセル『自伝』第3巻第1章「英国への帰国

2.参考

laudable efforts
[称賛すべき努力]
 出典:『究極の英単語<SVL>vol.4 超上級の3000語』p.482

Despite his laudable attempts to bring the two sides together, the dispute continued to drag on.
 出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.

These may be laudable aims, but by enforcing them at gunpoint another vitally important principles is lost.
 出典:Collins COBUILD English Dictionary for Advanced Learners, new ed.