(本館)  (トップ)  (分館)

ラッセルの英語「類義語シリーズ」
r_ruigigo-t05

総索引

★ threat / menace

最所フミ(編著)『英語類義語活用辞典』(pp.373-374)

【"threat":"menace"に比べて対象が漠然としていてその度合もずっと弱い危険。】
【"menace":恐怖を伴ったはっきりした危険のことで、使用範囲は狭い。】

(1-1) As a political rival, he is formidable, he is a distinct threat to me.
[政権の座を争う相手として彼はなかなか手ごわい。私にとっては確かに脅威だ。]

(1-2) It threatens to rain.
[雨が降りそうだ。]

(2) Mankind is no longer exposed to the menace of tuberculosis as in the prewar days.
[人類は、戦前のように、結核の恐怖にはもはやさらされていない。]


A.ラッセルの著作における用例

<用例1-1>
At the present moment large parts of the world are faced with the threat of famine, but although natural causes have contributed to the situation, the principal causes are human.
[現在(も),世界の広大な地域が飢饉の恐れに直面しており,そのような状況は自然の諸原因によるところが大きいけれども,(飢饉の)主たる原因は人間的なものである。]
 出典:ラッセル人類に害を与えてきた思想

<用例1-2>
Moreover, to deal with obscenity by means of the law and the threat of imprisonment does more harm than good.
[さらに,法律や投獄という脅迫の手段で猥褻(行為)を取り扱うことは,有害無益である。]
 出典:ラッセル『自伝』第3巻第4章「バートランド・ラッセル平和財団

<用例2-1>
Even in the pursuit of really important objects it is unwise to become so deeply involved emotionally that the thought of possible failure becomes a constant menace to peace of mind.
[真に重要な目的の追求においてさえ,非常に深く感情的に熱中し,もしかしたら失敗するかも知れないと考えて,'心の平和'が絶えず脅かされるようになるのは賢明ではない。]
 出典:ラッセル『幸福論』第16章「努力と諦め

<用例2-2>
I decided to write a book on the daily increasing menace of war. I called this book Which Way to Peace?
[私は,日々増大しつつある戦争の脅威について本を書く決心をした。この本に『平和への道』という書名をつけた。]
 出典:ラッセル『自伝』第2巻第5章「テレグラフ・ウス時代


B.他の参考例

<参考例1-1>
Terrorisum is a political threat to Western nations.
[テロリズムは西洋諸国にとって政治的な脅威である。]
 出典:『英単語ターゲット1900』p.183

<参考例1-2>
The rapid growth of Asian countries is a potential threat to Japan's economy.
[アジアの国々の急成長は、日本経済にとって潜在的な脅威である。]
 出典:『鉄緑会 東大英単語熟語 鉄壁』p.249

<参考例2-1>
The young man was a menace to society.
[その若い男は社会にとって危険人物だった。]
 出典:『キクタン super 12000』p.101

<参考例2-2>
The busy road is a menace to the children's safety.]
 出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.