(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness (HA27-040)(松下彰良・訳)

Back Next  Part II(Causes of Happiness), Chap. 16(Effort and Resignation)   Contents (総目次へ)
 第16章 努力と諦め(あきらめ)(承前)

 けれども,諦めにも,また,幸福の獲得において果たすべき役割があるのであって,諦めは,努力が果たす役割に劣らず,必要欠くべからざるものである。'賢い人間'は−−防げる不幸を座視することはしないが−−'避けられない不幸'に時間と感情を浪費することもしないだろう。また,それ自体'避けられる不幸'でさえ,もしそれを避けるために必要な時間と労力が,何らかのより重要な目的の追求の妨げになるようであれば,進んでその'不幸を甘受'するだろう。多くの人びとは,思うようにいかないいかなる些細なことに対しても,いらだったり激怒したりして,そのためにもっと有益に使うことが可能なエネルギーを多量に無駄にしている。真に重要な目的の追求においても,非常に深く感情的に熱中し,もしかしたら失敗するかも知れないと考えて,'心の平和'が絶えず脅かされるようになるのは賢明ではない。キリスト教は,'神の意志(御心:みこころ)'に従うことを教えた。そして,こういう'言い回し'(神の意志)を受け入れることのできない人たちでさえも,同じようなもの(考え方)が,彼らのあらゆる活動の中に浸透していなければならない。実際的な'仕事における能率'は,私たちがその仕事に注ぎこむ感情(の多少)に比例しない。それどころか,感情は時々'能率の妨げ'となる。必要なのは,'人事を尽くして天命を待つ',という態度である。諦め'には,二つの種類がある。一つは'絶望'に根ざしており,もう一つは'不屈の希望'に根ざすものである。'前者は悪く,後者は良い。完璧な(←根本的な)敗北を経験し,真剣な達成の希望をあきらめてしまった人は,'絶望による諦め'を学ぶかもしれない。そして,そのような完璧な敗北を経験した人は,真剣な活動を全て放棄してしまうだろう。彼は,宗教的な言い回しや,'黙想'は人生の真の目的であるという教義を持ち出すことによって,'絶望をカムフラージュ'するかもしれない。しかし,'内なる敗北'を隠すためにどのような変装をしようとも,本質的に'無益な人間'であり,また,根本的に'不幸な人間'であることに変わりはない。(これに対し)'諦め'の根底に'不屈の希望'のある人は,まったく異なった行動をする。希望が不屈であるためには,それは広範なものであり,非個人的なもの(私利私欲のないもの)でなくてはならない。自分の個人的な活動が何であろうと,私は死によって,あるいはなんらかの病気によって,敗北させられるかもしれない。敵に打ち負かされるかもしれない。絶対に成功へと導かない愚かな進路に船出してしまったと気づくかもしれない。'純粋に個人的な希望'の挫折は,非常に多くの道程において,避けがたいものかもしれない。しかし,もし,個人的な目的が,人類のとってのより大きな希望の一部である場合は,失敗したとしても,(純粋に個人的な敗北と)まったく同じような'完璧な敗北'とはならない。自分自身で大発見をしたいと願っている科学者は,失敗するかもしれないし,頭をなぐられて研究をあきらめなければならないかもしれない。しかし,もしも,'科学の進歩'を心底願っており,科学の進歩に個人的に貢献することのみを望んでいるのでなければ,まったく'利己主義的な動機'から研究している人と同じような絶望を感じることはないだろう。何らかの非常に必要とされる'改革'のために働いている人も,戦争のために自分の努力が'棚上げ'され,自分が努力してきた改革は自分の一生の間には実現されないということを,認めざるをえなくなるかもしれない。しかし,もしも,'人類の未来'に自分自身が参加していることを離れて,人類の未来そのものに関心を寄せているなら,その人は,自分の一生のうちに実現できないからといって,'完璧な絶望'の底に沈み込む必要はない。

 


Resignation, however, has also its part to play in the conquest of happiness, and it is a part no less essential than that played by effort. The wise man, though he will not sit down under preventable misfortunes, will not waste time and emotion upon such as are unavoidable, and even such as are in themselves avoidable he will submit to if the time and labour required to avoid them would interfere with the pursuit of some more important object. Many people get into fret or a fury over every little thing that goes wrong, and in this way waste a great deal of energy that might be more usefully employed. Even in the pursuit of really important objects it is unwise to become so deeply involved emotionally that the thought of possible failure becomes a constant menace to peace of mind. Christianity taught submission to the will of God, and even for those who cannot accept this phraseology there should be something of the same kind pervading all their activities. Efficiency in a practical task is not proportional to the emotion that we put into it; indeed, emotion is sometimes an obstacle to efficiency. The attitude required is that of doing one's best while leaving the issue to fate. Resignation is of two sorts, one rooted in despair, the other in unconquerable hope. The first is bad; the second is good. The man who has suffered such fundamental defeat that he has given up hope of serious achievement may learn the resignation of despair, and, if he does, he will abandon all serious activity. He may camouflage his despair by religious phrases, or by the doctrine that contemplation is the true end of man, but whatever disguise he may adopt to conceal his inward defeat, he will remain essentially useless and fundamentally unhappy. The man whose resignation is based on unconquerable hope acts in quite a different way. Hope which is to be unconquerable must be large and impersonal. Whatever my personal activities, I may be defeated by death, or by certain kinds of diseases; I may be overcome by my enemies; I may find that I have embarked upon an unwise course which cannot lead to success. In a thousand ways the failure of purely personal hopes may by unavoidable, but if personal aims have been part of larger hopes for humanity, there is not the same utter defeat when failure comes. The man of science who desires to make great discoveries himself may fail to do so, or may have to abandon his work owing to a blow on the head, but if he desires profoundly the progress of science and not merely his personal contribution to this object, he will not feel the same despair as would be felt by a man whose research had purely egoistic motives. The man who is working for some much-needed reform may find all his efforts sidetracked by a war, and may be forced to realise that what he has worked for will not come about in his lifetime. But he need not on that account sink into complete despair, provided that he is interested in the future of mankind apart from his own participation in it.

(掲載日:2006.08.04/更新日:2010.5.3)