(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


ラッセル「人類に害を与えてきた思想」(松下彰良・訳)

Bertrand Russell: Ideas That Have Harmed Mankind,1946

次ページ(Forward)

 (種々の)人間の不幸(災い)は,二種類に分けることができるだろう。第一に,非人間的な環境によって被る不幸であり,第二には,他の人間によって被る不幸である。人類は知識や技術においてこれまで進歩をとげてきているので,第二の種類の不幸は,不幸(災難)全体の中で占める割合(パーセンテージ)を,絶え間なく増大させるようになっている。昔は,たとえば飢饉は自然のいろいろな原因によるものであり,それと闘うために人々は最善をつくしたが,多数の人々が飢えのために亡くなった。現在(も),世界の広大な地域が飢饉の恐れに直面しており,そのような状況は自然の諸原因によるところが大きいけれども,(飢饉の)主たる原因は人間的なものである。(過去)6年間にわたって,世界の文明諸国民は,みずからの最良のエネルギーをすべて相互殺戮に捧げた(注:第二次世界大戦のこと)。また,(現在)お互いに生かしあうことへ急に方向転換することは困難であると認めている。収穫をダメにし,農業機械類を取り壊し(注:兵器製造のための材料として?),船舶輸送の組織をこわしてしまった文明諸国民は,ある地域における農作物の不足を,他の地域における過剰作物によって救済する,ということがけっして容易でないことを認識(発見)している。もしも経済組織が,正常(通常)の機能を発揮しているとしたならば,そういった救済は容易にできたであろう。この例が示すように,人間(人類)の最悪の敵は今や(自然ではなく)人間(人類)である。たしかに,自然は,我々人間を今なお死すべき存在としている(遅から早かれ死ななければならない)。しかし,医学の進歩とともに,我々人間が天寿をまっとうするまで生きることが,ますます普通であるようになるだろう。我々は,永遠に生きることを願い,天国の終わりのない喜び −(つまり)神の奇蹟によってその単調さがけっしてうんざりするものにまでならない喜び− を期待するものだ,と想定されている。しかし,実際,もはや若くない正直な人に質問すれば,誰もが,たいてい次のように答えそうである。(即ち,これまで)この世の生活を味わってきたので,あの世で再び「新人(new boy)」として,生活を始めようとは思わない,と。従って,今後のことについては,(あの世のことではなく)人類が考慮すべきもっとも重大な害悪は,人類が自らの愚かさや悪意,あるいはその両方によって互いに他の上に生じさせる害悪であると,言ってよいであろう。

The misfortunes of human beings may be divided into two classes: First, those inflicted by the non-human environment and, second, those inflicted by other people. As mankind have progressed in knowledge and technique, the second class has become a continually increasing percentage of the total. In old times, famine, for example, was due to natural causes, and although people did their best to combat it, large numbers of them died of starvation. At the present moment large parts of the world are faced with the threat of famine, but although natural causes have contributed to the situation, the principal causes are human. For six years the civilized nations of the world devoted all their best energies to killing each other, and they find it difficult suddenly to switch over to keeping each other alive. Having destroyed harvests, dismantled agricultural machinery, and disorganized shipping, they find it no easy matter to relieve the shortage of crops in one place by means of a superabundance in another, as would easily be done if the economic system were in normal working order. As this illustration shows, it is now man that is man's worst enemy. Nature, it is true, still sees to it that we are mortal, but with the progress in medicine it will become more and more common for people to live until they have had their fill of life. We are supposed to wish to live for ever and to look forward to the unending joys of heaven, of which, by miracle, the monotony will never grow stale. But in fact, if you question any candid person who is no longer young, he is very likely to tell you that, having tasted life in this world, he has no wish to begin again as a 'new boy' in another. For the future, therefore, it may be taken that much the most important evils that mankind have to consider are those which they inflict upon each other through stupidity or malevolence or both.

(掲載日:2015.08.10/更新日:)